オナ禁すると睡眠の質が上がる?短時間睡眠になる?

秘密のオナ禁知識

「オナ禁すると睡眠時間が減る」

「オナ禁したら短時間睡眠になる」

オナ禁をするとこういう変化がある人はかなりいます。

オナ猿の時は惰眠を貪ったり長時間寝たりしていたのに、オナ禁をするようになったら寝る時間が減って短時間睡眠になるんです。
しかもベッドで横になっている時間が減るのに、体力的には全然キツくなくて日中も元気に過ごせるようになります。

睡眠について変化が出るのはオナ禁の効果の一つですね。

 

この記事では、

・なぜオナ禁をすると寝る時間が減ったり短時間睡眠になるのか?
・オナ禁が睡眠に与える影響とは?
・オナニーをやめると睡眠の質が上がる理由

こういう疑問について解説していきたいと思います。

オナ禁と寝ることの関係について話していくので、あなたが睡眠に関して何か悩みがあるなら参考にして下さい。

オナ禁で睡眠が変わる理由とは?

最初に結論から言いますが、

「オナ禁すると睡眠の質が上がって、短時間睡眠でも元気になります」

これが僕の主張ですね。

僕の経験からも言えますし、読者さんや他のオナ禁実践者さんでも体験した人がかなりの数います。
睡眠時間が2~3時間減った人は沢山いて日中もエネルギッシュに活動出来るようになりました。

凄い人だと1年間毎日4時間睡眠でバリバリ動けたようです。
これはもはや覚醒状態ですね。
明らかに違う自分になっています。

 

オナ禁で睡眠について変化が出るのはきちんとした理由があります。
ただ適当に言っているわけではないです。

なんでオナ禁すると睡眠の質が良くなって短時間睡眠でも元気になるのかというと、2つの理由があります。

理由1:早寝早起きになるから
理由2:エネルギーが溜まるから

この2つがオナ禁で変わるから睡眠について変化が出ます。

それぞれ解説していきます。

理由1:早寝早起きになるから

1つ目の理由は、

「早寝早起きになる」

からですね。

オナ禁すると単純に早く寝て朝も早く起きるようになります。
自然に夜ふかしをしなくなっていきます。
夜中までダラダラしなくなるんですね。

 

あなたも経験があると思いますが、オナ猿の時って深夜までシコったりしませんか?

何となくムラムラしたから寝る前に数時間かけてスマホでオカズを探して、エロ動画を見ながらオナニーして出した後はぼけーっとしながらネットサーフィンをして、ちょっと休憩したらまたシコって出したらまたぼんやりしてネットを見てしばらく経ったら後処理をして寝る。

という感じの生活スタイルになりがちです。

こうなると、必然的に寝る時間が遅くなります。
毎日夜中まで起きてシコるのが普通になっていきます。

実家で暮らしている人だと、日中は家族が起きているからオナニーが出来ないので、皆が寝静まった夜にシコっているかもしれません。

どちらかというとオナニーは昼間からやったりはしないです。
夜にやる人が多いと思います。
もちろん、人によって違うので何とも言えない所ですが暗くて静かな夜の方がしやすいです。

そうなると、自然に寝るのが遅くなります。
早く寝ることが出来なくなるので、その結果睡眠不足になって身体や精神に悪い影響が出てしまいます。

 

しかし、この状態がオナ禁をすると変わります。
オナニーをやめると夜中まで起きなくなるので早く寝るようになります。

「夜ふかしするとシコっちゃうから早く寝よう」

という風に思うようになり、リセットを防止するために寝る時間が早くなります。

早く寝ると自然に起きる時間も早くなります。
生活リズムが改善されて規則正しくなるので、睡眠の質がどんどん上がって日中も元気に活動出来るようになります。

早寝早起きになると朝の時間を有効活用出来るようになるので、1日の密度も濃くなります。
朝から有意義に過ごせるという点においても、オナ禁をするのは良いですね。

理由2:エネルギーが溜まるから

エネルギーが溜まるのもオナ禁で睡眠が変わる理由の1つです。

オナ禁をすると、どんどんあなたの中にエネルギーが溜まっていくので使える量が増えます。

なぜエネルギー量が増えるのかというと、オナニーで無駄に浪費しなくなるのと性的なエネルギーを体内に残しておけるからです。

 

実は出す行為はめちゃくちゃ体力を使います。
1回シコると100mを全力で走ったくらいの負担が心臓にかかります。
スマホを見ながら手を上下に動かしているだけですが、実際は体の力をすごく使っています。

出した後に下半身に脱力感が出るのはこのためですね。
エネルギーをとても消費しているから反動で身体が重くなるんです。

しかも、1度出すと精子が1~5億匹放出されます。
日本の人口以上の数の精子を体外に出してしまいます。

冷静に考えるとこれはヤバいです。
1回オナニーをしただけで、1~5億人を作るための元となるものを捨てているってことですからね。
命を作り出すための源を一瞬の快楽のためにドバッと排出しているんです。

かなり大きなエネルギーを自分の中から減らしてしまっています。
シコるのはそれだけ貴重なエネルギーを失っているのです。

 

逆にオナ禁をすると大事なエネルギーを消耗しなくなります。
あなたの体内に温存出来ます。
浪費しないで残しておけるのでエネルギー量が増えていきます。

エネルギーが余ると日中動いて使っても一定の量しか減らないので、寝る時に体力を回復しなくて良くなり自然に短時間睡眠でも元気に活動出来るようになります。

僕もオナ禁をしたら、アラームをかけなくても朝6時に自然に目が覚めるようになりました。
起きようと思わなくても起きられて朝から元気に動けるので、1日を有意義に過ごせるようになりましたね。

シコっていた時は朝起きるのが辛くてベッドの中でダラダラしたり、昼間まで惰眠を貪ったりして1日を無駄にしていたので、もったいなかったです。

オナ禁しながらさらに睡眠の質を上げる方法

ここまでオナ禁すると睡眠の質が良くなって、短時間睡眠になる理由を解説してきました。

理由1:早寝早起きになるから
理由2:エネルギーが溜まるから

この2つが大きな理由でしたね。

だから、オナ禁するとかなり睡眠について変化が出るんですが、もしかするとオナニーをやめるだけだと効果があまり出ないかもしれません。

寝る時の環境が悪かったり体調が良くなかったりすると、あまり良い睡眠はとれませんからね。

あなたはせっかくオナ禁をするなら最大限効果を感じたいと思います。

なので、次にオナ禁をしながら同時にやると睡眠の質がもっと上がる方法を解説していきます。

 

ポイントは4つですね。

ポイント1:寝る前に何も食べない
ポイント2:寝る前にスマホを見ない
ポイント3:寝る前にお酒を飲まない
ポイント4:寝る前に運動しない

になります。

順番に解説していきます。

ポイント1:寝る前に何も食べない

最初に睡眠の質を高めたいなら、寝る前に何も食べないようにしましょう。
寝るちょっと前に食事をするのは厳禁です。
絶対にやってはいけませんね。

寝る前に何か食べてしまうと、睡眠の質がとても下がります。
食べるという行為は睡眠にかなり影響を与えるんです。

なぜかというと、寝る前に何かを食べると胃の中に食べ物が入ってしまうからです。
胃は入ってきたものを消化する役割があります。
しかもあなたが寝ている間も消化するために活発に動いてくれます。

すぐに消化するのはそのまま食べ物を放置すると腐ってしまうからです。
後回しに出来ないので多くのエネルギーを使って入ってきたものから栄養を吸収してくれます。

胃が頑張って動いてくれること自体は良いですが、寝ている間も休まないのが問題です。
本来であれば休息をとるはずの時間に頭や体は働き続けます。
食べ物を消化吸収する必要があるので休めないんです。

そうなると、あなたがいくら寝ようとしても脳や胃が活発に動いているので眠りづらくなります。
その結果、睡眠の質が下がってしまうのです。

だからこそ、寝る前に何も食べないようにしましょう。
しっかりと頭や体が休める環境を作るのが大事です。

 

食べる時間の目安としては、

「寝る3時間前に夕食をとっておく」

のがオススメですね。

ベッドに入る3時間前から何も食べないのが理想です。

 

もしも、あまりにもお腹が空いた場合は飲み物を飲んだり、脂肪が少なくて消化に良いものを食べるようにしましょう。
野菜や果物等が良いですね。

間違ってもラーメンや揚げ物、肉類、ジャンクフードといったこってりして消化に負担がかかるものは食べてはいけません。
胃の動きが活発になるので睡眠に大きな影響が出ますからね。
僕も昔、寝る前にお菓子をバクバク食べていた時期があるんですが、あの頃は睡眠の質が悪かったです・・・

確かに最初のうちはお腹が空くかもしれません。
空腹に耐えるのが辛いと思います。
だけど、当たり前になれば平気になるので慣れるまでは頑張りましょう。

ポイント2:寝る前にスマホを見ない

ポイント1で寝る前に何か食べると睡眠の質がとても低下してしまうことについて話してきましたが、

「寝る前にスマホを見る」

この行為も食事と同じくらい睡眠の質が下がってしまいます。

意外と寝る前にスマホを見ている人は多いです。
僕も昔は良くベッドに入ってから何となくスマホを何時間も見ていました。
でも、実はこの行為はとても良くないです。
睡眠の質に悪影響を与えます。

その理由はスマホから発せられる、

「ブルーライト」

という光に問題があります。

人間はブルーライトを浴びると寝る時に必要な、

「メラトニン」

っていうホルモンの分泌が抑えられます。

出される量のバランスが崩れてしまうのです。

 

メラトニンは熟睡を促すホルモンです。
体内時計に働きかけることで自然な眠りを誘う作用があるので、

「睡眠ホルモン」

とも呼ばれています。

メラトニンは明るい光を浴びると出る量が減ります。
だから、日中はあまり分泌されなくなり夜になると沢山分泌されるようになります。

でも、ブルーライトはとても明るい光なのでスマホを見れば見るほど、メラトニンが出なくなって体内時計が狂い、頭や体が日中と勘違いするので眠りづらくなります。

しかも、ブルーライトは人間が見れる光の中で紫外線の次に波長の短い光で、目の奥まで届くとても高いエネルギーを持っています。
それを夜中に長時間見続けると角膜や水晶体で吸収されないので、網膜まで光が到達してしまいます。
そうなると、目が冴えてしまうのでますます眠れなくなってしまいます。

このような理由があるから、寝る前にスマホを見ると睡眠の質がかなり下がるのです。

 

時間の目安は、

「スマホは寝る2時間前から見ない」

のがオススメです。

意図的にブルーライトを浴びないようにして、目を休ませるようにしましょう。

 

しかし、どうしてもベッドに入る前にスマホが見たいという人がいると思います。

そういう場合は、ブルーライトを軽減するメガネを付けたり、

「○○分だけ見る」

「○○という動画だけ視聴する」

っていう感じでルールを決めると良いですよ。

または、スマホで調べるのではなく本や書籍を読んで勉強するのもありです。

ちなみにブルーライトはスマホ以外のテレビやパソコンからも発せられるので、寝る前に電子機器全般を見るのはやめた方が良いですね。

ポイント3:寝る前にお酒を飲まない

・寝る前に何も食べない
・寝る前にスマホを見ない

オナ禁しながらこの2つを同時にやっていけば、睡眠の質はとても上がっていきます。
必ずやるようにしましょう。

だけど、これ以外に睡眠の質を下げる行為が実はあるんです。

それが、

「寝る前にお酒を飲むことと運動すること」

この2つですね。

睡眠をとる前に飲酒したり体を動かしてしまうと、眠りの質が落ちてしまいます。

でも、人によって、

「寝る前にお酒を飲むと良く眠れるけどな」

「運動すると疲れるから眠りやすくなるんじゃないの?」

と思うかもしれません。

実際に僕の知り合いでも、必ずお酒を飲んでから寝る人や運動してからベッドに入る人はいます。
確かにそれでも寝られる人はいますが、多くの人は寝る前にお酒を飲んで運動すると睡眠の質が低下してしまうので、やめた方が良いです。

 

まず、お酒についてですが飲酒をすると眠りやすくはなります。
寝つきが良くなるので横になったらすぐに眠れるようになります。

しかし、眠りが浅くなるので仮に寝つきは良くても朝起きたら体が重かったり疲れがとれていなかったりします。

寝たのになぜか寝た気がしない状態になってしまうのです。

なので、結局の所、睡眠の質が下がっています。

理由はポイント1で解説した食べるのと同じように、飲むのも胃が消化のために動いてしまうからです。
飲酒をすると身体がアルコールを分解するために働くようになります。

さっきも話しましたが、すぐに消化しないと胃の中に入ってきたものは腐ってしまいます。
先延ばしに出来ないので胃は速攻で吸収するための作業に入ります。

そうなると、寝ようとしているのに体が活発に動き続けなくてはいけなくなります。
どれだけ睡眠をとっても頭と身体はずっと働いているので休むことが出来ないです。

だから、いくら寝つきが良くても朝起きたら寝た気がしなくなってしまうのです。
休んでいるようで休んでいないからですね。

なので、食べ物と同じように寝る前の飲酒はやめましょう。
眠りやすくはなりますが睡眠の質を下げてしまうので逆効果になります。

 

もしも、どうしてもお酒が飲みたい場合は、

「寝る4時間前に飲む」

のがオススメです。

目安としてベッドに入る4時間前に飲んで、それ以降は飲まないようにしましょう。

とは言っても飲酒の量にもよりますがアルコールの分解は思っている以上に時間がかかるので、寝る前にお酒を飲むのは出来れば控えた方が良いですね。

ポイント4:寝る前に運動しない

寝る前に運動するのも飲酒と同じように良くないです。
睡眠の質を低くしてしまいます。

確かに昼間に体を動かすのは正しいです。
適度に汗をかいて運動すれば睡眠の質が高くなります。
僕も高校時代に部活をやっていたんですが、日中に動きまくると疲れるので寝つきはとても良かったですからね。

だけど、寝る前に運動するのは逆効果になります。
むしろ眠りづらくなりますね。
睡眠の質が低下するのでやめた方が良いです。

なぜかというと、まず体温が上がるからです。

基本的に人は寝る時に体温が下がります。
体全体の温度が低下するので脳も休む方に移行していきます。

でも、運動すると体温が上昇します。
休息を取るはずの状態なのに体全体が熱くなってしまうと、身体的に元気になって精神的にもテンションが上がるので、眠りにくくなります。

 

それに神経の動きも変わります。
人間には交感神経と副交感神経の2つがあります。

交感神経は緊張したり動いたり気分が高揚したりすると働く神経です。
血液の流れが良くなるので、集中力が上がったり運動する時にパフォーマンスが向上します。
車で例えるとアクセルの役割をします。

副交感神経は休んだり落ち着いたり静かにしている時に働く神経です。
リラックスしたり冷静に物事を考えたりすることが出来ます。
車で例えるとブレーキの役割をします。

寝る時は副交感神経が働くのが正しいです。
脳や体が休息モードに入るのでスムーズに眠れます。

しかし、寝る前に運動すると、交感神経が活発に動くようになります。
ゆっくりと落ち着いて睡眠をとるはずなのにアクセルを踏んでいる状態になってしまうので、寝ようと思っても寝づらくなります。
いくら寝ようとしても体と心の活動性が上がっているので、興奮状態になりなかなか寝つけなくなります。

こういう理由からベッドに入る前に運動をしてしまうと、とても眠りづらくなります。
その結果、睡眠の質を下げることになるのです。

 

もしも運動するとしたら、

「寝る3時間前に体を動かす」

のがオススメですね。

寝る直前や1時間くらい前だと、まだ頭や体が休むモードに入っていないので3時間前に運動するようにしましょう。

オナ禁と睡眠の関係まとめ

ここまでオナ禁と睡眠の関係や質を上げる他の方法について話してきました。
内容をまとめておきます。

・オナ禁をすると睡眠の質が上がって短時間睡眠でも元気になる
・オナ禁で睡眠に変化が出る理由は、早寝早起きになってエネルギーが溜まるから
・さらに睡眠の質を上げるには、寝る前に何も食べない、スマホを見ない、お酒を飲まない、運動しないの4つの方法がある

という感じでした。

オナ禁だけではなく他の4つの方法も合わせてやっていくと、どんどん睡眠の質が上がっていきます。
短時間睡眠でも全然大丈夫になるので、日中も元気に動けるようになりますね。

エネルギッシュだとガンガン行動して色んな経験を積んで人生も楽しくなるので、オナ禁で睡眠の質を高めておいて損は無いですよ。

 

関連記事
オナ禁で睡眠の質が上がり早く起きられるようになると、朝の時間を有効活用出来るので1日の密度が濃くなります。

深夜までシコっていたオナ猿が朝から彼女とデート出来るようになった秘密とは?

1000円のAmazon書籍をプレゼントしています

僕はオナ禁を実践して大好きな彼女が出来たり色んな女性と関係を持ったりして、楽しい人生を手に入れましたが過去は悲惨でした。


ダメな大学生で21歳まで童貞。


キスやデート経験がなく街中で見かけるカップルを羨ましく思いながら、エロ動画でシコシコする情けない毎日を過ごしていました。


そんな僕でもオナ禁を通して、

・オナ禁100日目で女子大生から逆ナンされたり、
・20歳の彼女を作ったり、
・大好きな女性で童貞を卒業出来たり、
・年が10歳以上離れた年上のお姉さんに誘われて色んな経験をさせてもらったり、
・その後は複数の女性と関係を持つのをやめて大好きな人を大切にする日々
・ヘタレだった自分を変えられて自信が持てるようになり、就活では一部上場企業から内定をゲット。
・男、女両方の友達が増えて灰色だった日常が充実したり、

といった楽しい人生になりました。


この経験から僕はあなたがどんなに絶望的な状況にいてもオナ禁を通して自分を変えられるし、


人生を逆転出来る


と確信しています。


そういった信念から僕がどうやってオナ禁に取り組み、人生を変えるまでに何をしてきたのかを一冊の書籍にまとめました。

読んだ多くの方から好評を頂いたので、メルマガの中限定で公開することにしました。

物語形式で書いているので10分ほどですぐに読める内容になっています。

今なら登録するだけで無料で見れますよ。


→電子書籍【オナ禁で彼女と内定を手に入れ人生変えた物語】を読んでみる

メルマガでは面白くて役立つ情報や様々なプレゼントを配布予定ですので、普段お使いのメールアドレスをご入力ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をタップして、大学生オナ禁人生逆転物語を読む】



>>詳細が気になる方はこちらをタップ<<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました