オナ禁するならセロトニンが重要?どんな効果がある?

秘密のオナ禁知識

あなたは、

「セロトニン」

という言葉を知っていますか?

「え?セロトニンですか?知らないですね」

「オナ禁と何か関係があるんですか?」

「怪しいですね・・・」

という感じで色々な反応が返ってくると思います。

しかし、実はこのセロトニンはオナ禁をするならとても重要です。
このセロトニンという物質を自分でコントロール出来るようになると、オナ禁が自然に続くようになったり女性から勝手にモテるようになったりするので、あなたが思っている以上に大事です。

 

そこで今回は、

セロトニンがどんな物質なのか?

どういう効果があるのか?

オナ禁との関係性は?

どうやったら増えるのか?

といったことを詳しく解説していきます。

セロトニンとは?

いきなりセロトニンと言われてもあなたはピンとこないかもしれません。
普通に生きていたらまず聞かない言葉ですよね。

そもそもセロトニンとは何なのかというと、

「人間が脳内で情報をやりとりする時に使う神経伝達物質」

になります。

これだけだと良く分からないと思います。
神経伝達物質という言葉も初めて聞きましたよね。

神経伝達物質とは人間が脳内で情報をやりとりする時に必要な回線みたいなものです。
これがあればあるほど、情報を送ったり返ってきた情報を確認したりするのが早くなります。

人間には神経伝達物質が50種類以上存在します。
人は普通に生きているだけでも、色んな神経伝達物質を持っているんです。

 

そして、セロトニンはこれだけ多くの神経伝達物質がある中でも特に重要な役割をする、

「三大神経伝達物質」

に入っています。

つまり、セロトニンは人間にとってとても重要な物質なんですね。

もっと詳しく説明すると難しい専門用語や分かりづらい話をしなくてはいけなくなるので、今の段階では、

「セロトニンは人が生きていく上で重要なんだ」

程度で理解してもらえればOKです。

セロトニンが不足すると不幸になる?

「セロトニンは人間が生きるために大事」

ってことを分かってもらったら次に言いたいことは、

「セロトニンは人の幸せに関係する」

ってことです。

「え?どういう関係があるんですか?」

とあなたは思ったんじゃないかと思いますが、実はセロトニンは別名、

「幸せホルモン」

とも呼ばれています。

セロトニンが沢山出れば出るほど、人は幸せを感じやすくなります。
逆に不足すればするほど幸せを感じ辛くなってしまうのです。

つまり、セロトニンが足りないだけで不幸になってしまうのが人間です。

 

あなたはまだ信じられないかもしれません。

「セロトニンが不足しているだけで本当に不幸せになるのか?」

と感じたかもしれませんが、これについては冗談でも何でもなくて、セロトニンが足りないだけで人は不幸になってしまいます。
それだけ人生的にかなり大事なホルモンになるんですね。

 

なぜセロトニンが足りないと人は不幸になってしまうのかというと、心のバランスを保つ役割がセロトニンにはあるからです。
あなたの心の均衡を上手くコントロールする力があるんですね。

セロトニンが不足すると、精神的に安定しなくなってしまうので不安定になり感情が上手くコントロール出来なくなります。
一日中悩んだりずっとくよくよ考えたり自分を責めてしまったりして、どんどん落ち込んでいきます。
マイナス思考になるので後ろ向きな考え方をして消極的になるので、行動が出来なくなります。
そして、病んでばかりいると次第にメンタルが追い詰められていきます。
自己否定もするようになるので鬱にもなりやすくなるんですね。

お医者さんや実際に鬱になった人から聞いたんですが、鬱の治療にセロトニンを増やす薬を処方したり飲んだりすることもあるそうです。

確かに薬で増やせるなら良いですが、飲むことで副作用があったり薬に依存してしまう可能性があるので、出来れば自分で増やすようにした方が良いですね。

また、海外の話だと長期間天気が悪かったりずっと曇りが続く国は、強制的にセロトニンが増加することをやらせるように、国側がルールを作っている所もあったりするそうです。
そうしないと、精神的に不安定になって鬱になったり不幸になってしまうからのようですね。

 

セロトニンを増やす詳しい方法は後で書いていくので、その前にオナ禁とセロトニンにどんな関係があるのかを書いていきます。

オナ禁とセロトニンの関係性

セロトニンが重要な物質だということは、あなたも何となく分かったと思います。
でも、オナ禁とどんな関係があるのか?については良く分からないですよね。

しかし、実はオナ禁とセロトニンはかなり関係が深いです。

なぜかというと、

「オナニーするとセロトニンが減ってしまう」

からです。

自分でシコればシコるほど、セロトニンが減少していきます。

 

どういうことかというと、オナニーをした後ってぼーっとするじゃないですか。

いわゆる、

「賢者タイム」

ですね。

出すまではムラムラがピークになって我を忘れてシコることに集中しますが、出した後は賢者のように冷静になります。
今までのムラムラはどこにいったんだ?ってくらい無気力になってしまいます。

この賢者タイムがセロトニンとオナ禁の関係を語る上で重要なんですね。
オナニー後に気持ちが下がってしまうのは、セロトニンが減っているからです。

幸せホルモンと呼ばれる大事なセロトニンが賢者タイムには減少してしまうから、シコった後にぼーっとしたりやる気が落ちたり、気力が低下して何もする気が起きなくなってしまうのです。

それに毎日ルーティンのようにオナニーをしていると、セロトニンをガンガン減少させてしまっています。
だから、日々シコリまくるとモチベーションが下がって何をするにもやる気が無くなって行動出来なくなり、刺激が全然無いつまらない日常になってしまうんです。

だからこそ、オナ禁がセロトニンを増やすのに有効なんですね。
シコることで減ってしまうのを抑えてくれるからです。

 

また、オナ禁をするとテストステロンという男性ホルモンが増えます。
これは良性のホルモンなので、男性の身体や精神に良い影響を与えます。
増加すればするほど体や心が良い方向に変化します。

このホルモンが増えることで精神的に安定したり、気分の落ち込みが減ったり、気持ちの浮き沈みが無くなったりするので、オナ禁をすればセロトニンが減るのを防ぎつつ、メンタルをコントロール出来るようになるんです。

気力があって精神的に安定している男性の方が女性から見た時に魅力的ですよね。
逆にいつも悩んでばかりでナヨナヨしていて、何をするにもネガティブな男性は女性側も一緒にいたいとは思いません。

セロトニンの分泌が多いか、少ないかによってもモテる男かモテない男かが決まってしまうのです。

なぜ好きな女性とのエッチは大丈夫なのか?

「オナ禁をするとセロトニンが減ってしまうのを防げる」

ということはあなたも分かったと思います。

だけど、ここで疑問に思うことがあります。

「女性とのエッチはどうなんだろう?」

ってことです。

確かに女の子とのエッチも出しているのに変わりはありません。
オナニーもエッチも結局の所、自分で出すか相手と行為をして出すかの違いですからね。

 

これについて僕は、

「愛している女性となら積極的にしよう!」

という意見です。

あなたが心から一緒にいたい女の子や大好きな彼女がいるのであれば、どんどん深い関係になってOKです。
愛のあるエッチはあなたにとってプラスが多いからです。

 

なぜ好きな女性とのエッチがOKなのかというと、

「愛している女性と深い関係になると、精神的にとても満たされるから」

になります。

これは経験すると分かりますが、言葉に出来ないくらい心が満足感で一杯になります。

「幸せだ〜」

「最高だ〜」

と嘘偽りなく人に言えるくらい不思議な気持ちになります。

出した後の賢者タイムも全然オナニーの時とは違うものになります。
無気力になったりやる気が減退したり、寂しい気持ちになったりすることは無くて、むしろ幸せな感情がどっと押し寄せてきて良い意味で何も考えられなくなります。

しかも、あなたの隣にはベッドの上で生まれたままの姿の彼女がいます。
お互いそのままの状態でイチャイチャしたりしたらさらに幸せになれますね。

こういう風になるのは、

「セロトニンが分泌されているから」

になるんですよね。

好きな女性と愛のあるエッチをすると、セロトニンが分泌されて増えます。
その結果、幸せホルモンの影響であなたの内側から気持ちが良い方向に変化していくんです。

これは一度体感してみるとすごく分かりますよ。
オナニー後の賢者タイムとは比べものにならないくらい、幸福を感じられます。
それくらい好きな女性とのエッチはセロトニンを沢山出してくれるので、あなたにとってプラスが多いです。

だからこそ、愛している女性とは積極的に深い関係になっていこうとあなたに言っています。

 

でも、1つ注意点があります。
エッチをする女性は誰でも良いわけではありません。
あくまでもあなたが好きになった彼女とするべきです。

「愛のあるエッチ」

ではないとダメなんですね。

愛の無いエッチをしても虚しいだけです。

これは僕も経験があります。
一時期オナ禁である程度、女性からモテるようになって調子にのってしまったんですが、いくら複数の女の子と肉体だけの関係を持っても全然心が満たされませんでした。

どんなにモデルさんのようなスタイル抜群の女性やIカップの爆乳の女の子やド派手なギャルとエッチをしても、体は気持ち良くても、精神的には全く満足出来ませんでした。

風俗に行くのと近いと思います。
確かに風俗にいけば女性と関係を持てます。
お金を払えばエッチが出来ます。

しかし、いくらスタイルが良くて可愛い女の子と行為が出来たとしても、メンタルは満たされないです。

出した後に、

「僕は何をやってるんだろう・・・」

っていう気持ちになってしまいます。

エッチを終えた後に一人寂しく自宅に帰るまでの時間は虚しいだけです。

「自分はお金を払わないと女性に相手にされない」

という現実をこれでもかと痛感するので、どれだけ肉体的に気持ち良くても精神的には不足感で一杯です。

風俗も好きでもない女性と関係を持つのも、オナニーをした後とあまり変わりはないです。

ほとんど一緒です。

「相手の体を使ったオナニー」

だと思います。

なので、僕は、

「愛の無いエッチは自分でシコるのと同じだ」

って考えています。

自分でするか、相手とするかの違いですからね。
やっぱり重要なのは気持ちなんですよ。

だから、あなたもこの部分に関しては気を付けるようにして下さい。

 

ただ一応言っておきますが、

「風俗が絶対にダメ!」

というわけではないです。

僕としてはオススメしませんが、本人がどうしても行きたいならそれは自己判断に任せる形になるからです。

「風俗が生きがいだ!」

という人も世の中にはいるかもしれないので、そこは本人次第になりますね。

それに風俗だとしても女の子に対して心から優しくして相手を尊重する気持ちがあれば、愛のあるエッチが出来るので肉体だけではなく精神も満たされるのでOKかもしれません。

もちろん、気持ちを入れることが出来ればの話ですけどね。

だけど、風俗は身体と心の両方のメリット以上にデメリットがあるので、その部分を分かった上で行くかどうかを考えるようにしましょう。

参考記事
【徹底解説】オナ禁中に風俗に行くのは有りなのか?無しなのか?

 

やっぱり一番良いのは、

「大好きな彼女を作ること」

です。

愛している女性とエッチが出来れば、肉体とメンタルのどちらも最高に気持ち良くなれるので、そこを目指してオナ禁をしていきましょう。

セロトニンを増やす3つの方法

長々と話してきましたが、肝心のセロトニンを増やす方法を解説していきます。

簡単に増やす方法はさっき言った、

「オナ禁して彼女を作って愛のあるエッチをする」

のが一番です。

このやり方以外であれば、

・運動する
・日光を浴びる
・深呼吸をする

この3つを意識的にやっていくと、セロトニンをどんどん分泌することが出来ます。

運動する

まずは運動ですね。

基本中の基本です。
体を動かすことでセロトニンを分泌出来ます。

運動には色んな種類があるんですが、その中でも特に、

「同じ運動を繰り返すリズム運動」

が最適ですね。

これが運動の中でも効果が高いです。

とは言ってもあなたは良く分からないと思います。

「リズム運動って何?」

「どんなことをやれば良いの?」

ってなると思うので、そういう人はウォーキングをするようにして下さい。

つまり、

「散歩しよう」

ってことですね。

外に出て何となく歩くだけでもリズム運動になるので、セロトニンを増やすのに効果的です。
さらに外を散歩すると後で話す日光を浴びることが出来ます。
代謝が良くなって痩せやすくなったり頭も良くなるので散歩は一石四鳥ですね。

 

「暇だからちょっと歩くか」

「ムラムラしたから散歩しよう」

「通学途中に一駅早く降りて歩いてみよう」

とかでも良いので、意識して歩くようにして下さい。

習慣にしちゃえば簡単に外に出るようになりますよ。

日光を浴びる

日光を浴びるのもセロトニンを出すのに有効です。

意識的に外に出て日光浴をするようにして下さい。
日の光を浴びると目の網膜に太陽くらいの強い光が入るので、脳に信号が伝わりセロトニンが分泌されます。

直接太陽を見るのは目に良くないので控えるべきですが、浴びるだけなら特に問題はありません。

運動する所で書いたように散歩したりするのが良いですね。
窓からでも良いですが出来れば外に出て直接日光浴をするのがオススメです。

 

あとは、朝起きた時にカーテンを開けて日の光を室内に入れるのも良いですよ。
頭がボケーっとしているので、朝日を浴びることで体内時計がリセットされて快適な目覚めが出来ます。

それとずっと暗い場所にいるのは避けて下さい。
セロトニンが分泌されなくなるので、落ち込みやすくなったり気分が悪い方にいきやすくなります。
他にも色々な理由がありますが、セロトニン不足も原因の一つですね。

日光を浴びるだけなら簡単に出来るので、意識的に日光浴をするようにして下さい。

深呼吸をする

最後は呼吸ですね。

呼吸とセロトニンは関係無さそうに見えますが、実は運動する所で話したリズム運動がしやすいのが呼吸です。

呼吸は正しく行うとリズム運動になります。

「ゆっくり吸う」

「ゆっくり吐く」

を繰り返しやると、一定のスピードで吸ったり吐いたりをするので運動になります。

これを意識的にやるとセロトニンがガンガン分泌されるので、幸せホルモンが増えていきます。

特に深呼吸がオススメです。
深い呼吸をすると自然に吸う、吐くを一定のリズムでおこなうのでリズム運動がとてもやりやすいです。
ゆっくり長く呼吸をするとそれだけでリラックス出来ます。
気持ちも落ち着くので精神的にも良いですね。

1日の中で数回、もしくは数分でも良いので意識的に深呼吸をするようにしましょう。

オナ禁とセロトニンの関係性まとめ

最後にオナ禁とセロトニンの関係について要点をまとめておきます。

・セロトニンは人間が生きる上で重要な物質になる
・増えると幸せになって減ると不幸になる
・オナ禁して大好きな彼女と愛のあるエッチをする
・散歩、日光浴、深呼吸を意識的にやってセロトニンを増やす

ということを理解しておいて下さい。

 

論理的に分かっておくことも大事ですが、まずは実践してみないことには始まりません。
なので、やってみることに重点をおいて行動するようにして下さい。

オナ禁も同じですね。
オナニーをやめるのが重要だって気付いても、オナ禁しなかったら何も変わらないです。
相変わらず暗い部屋で一人寂しくシコシコしながら虚しい気持ちになり、女性からはモテなくて日常はつまらなくて灰色の人生が続いていきます。

行動しないと現実は一生変えられないってことは覚えておいて下さい。
それを理解して1つずつ実践していきましょう。

1000円のAmazon書籍をプレゼントしています

僕はオナ禁を実践して大好きな彼女が出来たり色んな女性と関係を持ったりして、楽しい人生を手に入れましたが過去は悲惨でした。


ダメな大学生で21歳まで童貞。


キスやデート経験がなく街中で見かけるカップルを羨ましく思いながら、エロ動画でシコシコする情けない毎日を過ごしていました。


そんな僕でもオナ禁を通して、

・オナ禁100日目で女子大生から逆ナンされたり、
・20歳の彼女を作ったり、
・大好きな女性で童貞を卒業出来たり、
・年が10歳以上離れた年上のお姉さんに誘われて色んな経験をさせてもらったり、
・その後は複数の女性と関係を持つのをやめて大好きな人を大切にする日々
・ヘタレだった自分を変えられて自信が持てるようになり、就活では一部上場企業から内定をゲット。
・男、女両方の友達が増えて灰色だった日常が充実したり、

といった楽しい人生になりました。


この経験から僕はあなたがどんなに絶望的な状況にいてもオナ禁を通して自分を変えられるし、


人生を逆転出来る


と確信しています。


そういった信念から僕がどうやってオナ禁に取り組み、人生を変えるまでに何をしてきたのかを一冊の書籍にまとめました。

読んだ多くの方から好評を頂いたので、メルマガの中限定で公開することにしました。

物語形式で書いているので10分ほどですぐに読める内容になっています。

今なら登録するだけで無料で見れますよ。


→電子書籍【オナ禁で彼女と内定を手に入れ人生変えた物語】を読んでみる

メルマガでは面白くて役立つ情報や様々なプレゼントを配布予定ですので、普段お使いのメールアドレスをご入力ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をタップして、大学生オナ禁人生逆転物語を読む】



>>詳細が気になる方はこちらをタップ<<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました