ウサギちゃんを見てオナ猿はポテンシャルが高いと感じた件について

自己研鑽

オナニーばかりの生活をしていると自己嫌悪に悩まされます。

スマホ片手にエロ動画を見ながら射精するたび、

「俺、何やってるんだろう・・・」

とつい思ってしまう。

ティッシュで出した精液を拭いている時の虚しさは半端ないです。
内心はズタボロです。

 

本音では、

「彼女欲しいなあ・・・」

「スマホ画面の中にいる可愛い女の子や綺麗な女性と、エッチしてみたいなあ・・・」

「デートしてみたいなあ・・・」

って思います。

でも、現実は自分に自信がないから女性に声を掛けられないし、出会いもないからデートする機会もない。

辛い日々です

それだけならまだしも自分で出す機会が増えて自己嫌悪ばかりになると、自信もどんどん喪失していきます。

「俺なんてどうせダメなんだよ・・・」

「女性に相手にされるわけないよ・・・」

「自分なんかに彼女が出来るわけないよ・・・」

そう考えがちになり「自分には無理だ」とどうしても思ってしまうのです。

 

ですが、ちょっと待って下さい。

自分の可能性を否定するのは早過ぎますよ。
あなたは本心では思っているはずです。

「本当は自分を信じたい」と。

 

「ほんとは彼女欲しい」

「ほんとはモテてみたい」

「ほんとはデートしたい」

「ほんとはもっと毎日楽しく生きたいし自信が欲しい」

「ほんとは・・・ほんとは・・・ほんとは・・・」

 

あなたの本音はそうじゃないですか?

強がってはいるけど、実は違う。

表向きは興味ないふりをして、「自分なんてさ」って考えてはいるけど、心のどこかでは捨てきれない夢がある。
希望を持ちたいという想いがある。
自分の可能性を信じたいと感じている。

それがあなたの本心なんだと思います。

ですが、そうは思えない。
オナニー、自己嫌悪、自己否定、自信喪失によって、自分に嫌気が差しているし自分が嫌いになっている。
ダメな自分を好きになってくれる女性は現れないと思っているかもしれないです。

 

しかし、そんなあなたに元オナ猿の僕は声を大にして言いたい。

「オナ猿はポテンシャルが高い」です。

オナ猿は見方を変えれば秘めた力を持っているし、凄く可能性がある人種なんです。
才能やセンスがあるとも言えます。
あなたが思っている以上にあなたには、潜在能力があるんです。
それが今は発揮出来ていないだけです。

やり方をきちんと学び実践すれば、内なるパワーが爆発し別人のように進化出来ます。
そうすれば今の人生を変えて好きな人と幸せになれる可能性だってあります。

「ええ?ほんとかよ?オナ猿の自分なんてダメ人間だよ・・・」

確かにそうやってあなたが考えてしまうのは分かります。
でも、僕の話を少しでも良いから聞いて下さい。

 

「なぜ?オナ猿はポテンシャルが高いのか?」

 

それは、Jちゃんと出会ったからなんです。

Jちゃんとの出会い

オナ禁を駆使して最強キャラに変貌した時、たまたま出会ったのがJちゃんでした。

 

当時の僕はオナ猿時代からは想像出来ないほどオナ禁で進化を遂げ、就活でもリクスー女子を口説きまくり内定も出ていたので、自分に自信がありまくりのチートキャラになっていました。
なので、どんな女性がこようと「俺なら出来る」と思ってちゅうちょなく声が掛けられました。

Jちゃんはモデル業をしている女性です。
年齢は20歳。
モデルの仕事をやっているだけあって外見はとても綺麗です。
アイドルと言っても良いくらいのルックスです。
それはもう一緒にいると、周囲にいる男性がつい見てしまうほどです。

 

帰宅途中の高校生。
バイト帰りの大学生。
営業先に向かうサラリーマン。
カップルで彼女連れの男性。
遊んでいる男性陣。

 

誰もが彼女に気付くと振り向きました。
いかに見た目の価値が高いと男性の視線がいくのかを学びました。

「すごいな・・・こんなにチラチラ見られるんだ」

男性は気付かれていないと思っているんでしょうが、女性目線で見ると一発で分かります。
明らかに視線が自分に向いていると。

これはつまり、「エロ目線で見ている」のがすぐ分かってしまうわけです。
オナ猿時代、僕もスケベな目で女性をジロジロ見ていたので、自分がこんな風に見られていたんだと、客観的になって初めて気付きました。

「うわあ、こりゃあモテないわけだよ」

正直、そう思ってしまいました。

もしかするとあなたが通学途中にエロい目で見てるあの子も、あなたの視線に気付いている可能性が高いですよ。
オナ禁で視点を変えておきましょう。
視点の話はこちらです。

長期オナ禁者だけが気付く視点変化の話

 

で、そんな外見がパーフェクトなJちゃん。
性格も素晴らしいです。
周囲に気を遣えてトークも上手くて優しい。
モテないわけがありません。

男女共に友達が多く常にJちゃんの周りには人がいました。

「すごいな、これが真のモテる女か」

認めざる終えませんでした、彼女のモテ度合いに。
上には上がいる。
世の中にはこんなにモテる女性がいるんだと感じました。

仕事もモデル業です。
雑誌に載ったり道端でスナップ写真を撮られたりと、僕とは無縁の世界で生きている人です。

たまに外出したらファンに声を掛けられたりして、まるで芸能人でした。
普通に凄いと思いました。

しかし、Jちゃんにはたった一つ弱点があったのです。

完璧な女性のたった一つの弱点

外見、内面共にパーフェクト。
お金もあるし仕事もちゃんとしていてファンもいる。
まるでタレントのようなJちゃん。

常に周りには人がいて多くの友人に誘われ毎日予定はぎっしり。
彼氏も当然います。

オナ猿とは正反対の人種だと感じてしまいました。

しかし、彼女には一つだけ弱点がありました。

それは何か?

 

「孤独に耐えられない」

 

この部分が彼女の最大の弱点でした。

 

つまり、「常に誰かと一緒にいないと何も出来ない」

 

そう言えます。

 

仕事はモデル業なので、必ずカメラマンさんやメイクさんがいます。
写真撮影等をする時に1人になることはありません。

プライベートでは彼氏と2人暮らしなので、自宅に帰れば好きな人が待ってくれています。
もしも、いないなら多くの友人の中から誰かしら連絡して家に来てもらいます。
1人には絶対になりません。

休日は必ず誰かと予定を入れます。
連絡は頻繁に来ますし、来ない時は自分から連絡をとって出かけるか自宅でくつろぎます。
予定が合わないなら彼氏と一緒にいます。
絶対に1人にはなりません。

どうしても1人になってしまう場合は、必ずテレビをつけたりYouTubeを再生しておくそうです。

「人の声がないと寂しくて死んじゃうの〜」

まるで1匹だと寂しくて死んじゃうウサギちゃんです。
失礼ですが子供か?と思いました。

「へー、20歳でこういう女性もいるんだな」

と僕は感じました。

 

しかし、よく考えてみると、Jちゃんとオナ猿は正反対の人種に思えました。

 

Jちゃんは、

「仕事はモデル」

「友達が多い」

「休日に予定がある」

「彼氏がいる」

「頻繁にデート」

「性格は良いしルックスも可愛い」

 

オナ猿は、

「孤独」

「1人で何かする」

「友達少ない」

「休日に予定がない」

「あるとしてもオナニーかスマホ見る」

「基本、暇」

「平日は学校かバイト、たまに飲み会、家に帰ればオナニー」

「ルックスに自信ない、ファッション分からない」

 

冷静に考えて差があり過ぎです。
同じ人間なのか?って思いました。

もちろん、オナ猿全員がこうとは限りません。
人によって違いがあります。
ひとくくりには出来ないでしょう。

ただ、孤独や1人、休日に予定がない、自信がないの部分は、かなりのオナ猿が当てはまると思います。

特に大学生で時間があるとなおさらです。
やることがないから何となくネット見て、ゲームやって、オナニーするような生活になっている人が多いと予想出来ます。

あなたはどうですか?

 

しかし、こうやって見ると、

「何だ、オナ猿はポテンシャル低いじゃん」

とあなたは考えると思うんですが、僕はそうは感じません。

「孤独に耐えられる」のはとても潜在能力が高い証拠ですよ。
1人で何かに没頭出来るのは才能とも言えますからね。

 

基本的に人間が一番成長するのは、

「1人で何かに集中している時」です。

一心不乱に目の前の物事に全神経を注ぐ。

この時に人は最も進化します。

 

例えば、ゲームであれば何となく友達とわきあいあい3時間遊んでゲームを進めるのと、1人で10時間RPGのレベル上げをひたすらやっていくのと、どちらが早くクリア出来るか?

どう考えても後者ですよね。
もちろん、時間が全てではないです。
スマホのゲームアプリなら課金出来るので、大幅に時間をカット可能です。

ただ、純粋にプレイするだけなら1人でガンガンやりまくった方が早くクリア出来ます。
特にレベル上げ等の単調な作業の繰り返しならなおさらです。
量で何とかなります。
(ちなみに僕は大学の夏休みにやることがゲーム、バイト、オナニーの3つしかなかったので、凄まじい早さでRPGのレベル上げをしていました(苦笑)

 

量質転換の法則という言葉があります。
これは量をこなしまくるといずれ質に変わるという考えです。

ある意味、これはオナ禁にも言えます。
リセットや失敗しつつも何度も繰り返しまくる。
周りが「もう良いや〜」とオナ禁をやめていく中、あなたは継続して自己研鑽する。

そうすれば少なくともライバル達よりかは成長するし、何かしらの成果は見えてきます。

結果が出たらそれは自信になるので、「もっとオナ禁を継続しよう!」と思えてモチベーションが上がるので、さらにやるようになっていずれ大きな成果が出るというわけです。

それには、孤独が必要です。
仲間がいた方が良いのは事実なんですが、一番人間が成長するのは「1人で何かに没頭している時」なので、一定期間は自己進化に集中する期間は必要だと思います。

もし一緒にオナ禁をやってくれる人がいるなら大切にしましょう。
そこは否定しません。
ただ、現実を見るとそんなにいる可能性は低いので、結局、孤独にオナ禁する人が多いと思うのです。

 

だからこそ、1人で自分磨きに全ての時間を使えるオナ猿は有利だと思うんですよね。

「暇」って言い換えれば無限に時間があるんですよ。

世のサラリーマンを見て下さい。
皆、時間がなくて困っています。
仕事に追われ忙しいです。

大学生は時間が有り余っています。

大学の授業は最悪出なくても単位さえ取れればOKです。
綺麗事を抜きにすれば、大学は「卒業」出来れば良いんです。

学歴が取れて就職出来れば、役目は終わりです。

授業に出たかどうかは、正直あまり関係ないんですね。
だから、テスト前になると普段授業に来ないモテモテな同級生達がわんさか学校にきて、レジュメやプリントをもらってテスト受けて単位を取るわけです。

「ずるいな」と思いつつも「要領が良くて羨ましい」と感じていました。

 

で、話がずれたんですが、オナ猿は孤独に耐えられるので何かを始めるのに最も適しているわけです。

そして、1人で全部の時間を自分の使いたいように使えるので、全てをオナ禁に使い自分を磨けばもの凄い勢いで成長します。
そうやってあなたが進化していけば、求める結果も出せるし人生自体も変えられるわけです。

大学生なら若くて時間があって体力がある。
成功する要素あり過ぎです。
だから、ポテンシャルが高いんですよ。

 

しかも、1人だと周囲の考えに左右されずらいです。

オナ禁だと特に怪しいので、否定的な意見を言う同級生が一定数現れます。
けど、その人はオナ禁をやった経験がない人です。

行動もせずに笑ってくる外道です。

そんな人間の言うことを聞いていたらあなたの人生は変わりません。
聞いてはいけないのです。

これがJちゃんのように常に人と一緒にいないと無理という人だと、彼女が何かを新しいことをしようとすると否定してくる可能性が高いです。
人は基本、チャレンジして得られるものよりも失敗して失う方を恐れるので、挑戦には否定的になります。
結果が保証されていないので。

そうなると、「やめた方が良いんじゃない?」とやってもいないのに助言します。
信頼関係のある友人が言っているのでつい聞いて行動しない。
それはJちゃんの人生にとってマイナスになる可能性が高いです。

こういうリスクも群れてばかりいるとあるんです。

孤独だとそんなものありません。
「あ、やってみよう」と思ったら即ゴーです。
誰もあなたを止めません。
「オナ禁やってみよう」と感じたら今すぐ出来ます。

この文章を読んでいる最中にオナ禁は出来ますからね。
1人だとこのメリットがあるんですね。

 

あと、孤独の方がいらない意見に触れなくて良いという利点もあります。

今の世の中はネットやスマホが発達し過ぎたせいで、情報が溢れまくっています。

嘘もあれば本当の情報もある。

あなたにとって不必要の情報もあれば、本当に必要な情報もある。

選んでいく必要があるわけです。
自分にとってどの情報が適切なのか?を。

しかし、常に人といると相手の持っている情報に嫌でも左右されます。
人間は環境で決まる生き物なので、ずっと同じ場所に固定されるとその環境に順応します。
適応するとは慣れるというわけです。
それは思考も慣れてしまうんです。

大学生は大学生の考えになり、サラリーマンはサラリーマンの考えに染まり、主婦は主婦の考えになる。

皆、その場所の常識に染まっていきます。
これは思考が変化した証拠です。

あなたは今大学生ですが、大学生の日常が当たり前だと思っています。

それは大学生の考え方が普通になっているからです。
これが就職したら社会人の考えに変化します。
会社内で働き適応していくからですね。

 

このように人はどの場所にいるか?どんな人と付き合うか?で、与えられる情報が変わり思考に変化が起きます。

Jちゃんのように普段から人と一緒にいる確率が高いと、良くも悪くも影響を受けます。
それは彼女にとってマイナスの可能性もあるんです。

しかし、1人でいるのに耐えられない場合は仕方なく付き合うしかないです、
自分にとって「良くないなあ」と思っても我慢するしかないです。
これでは人生にとって悪い影響をもろに受けるので、付き合わない方が良いです。

けど、孤独ならこんな影響は受けません。
「自分にとって本当に必要な情報は何か?」をあなたが選べます。
その選んだ情報だけ見ることが出来ます。
良い影響だけ受けるので人生をよりプラスの方向に変えられる可能性が高くなります。

仮に悪い情報があっても見なければいいだけです。
ネットだったら別の情報を見ればいいんです。
「自分で選べる」部分においても1人に耐えられるオナ猿はチャンスがあるんです。

 

ここまで話をしてきましたが、僕は確実に「オナ猿はポテンシャルが高い」と断言します。
力の使い方を間違っているだけです。
孤独に耐えられる強さがあれば、何だって出来ます。
あなたのやり方やこれからの努力次第です。

特に大学生は体力と時間がある。
逆転はまだまだ出来ます。
潜在能力は非常に高いです。
あなたはそれだけ能力のある人間ですし、強い力があります。
すごいんです。

「オナ猿はポテンシャルが高いし才能の塊だ」

僕は確信を持ってあなたに言いますよ。

1000円のAmazon書籍を無料プレゼントしています

僕はオナ禁を実践して、大好きな彼女が出来たり色んな女性と関係を持ったりして楽しい人生を手に入れましたが、過去は悲惨でした。

ヘタレな大学生で21歳まで童貞。

キスやデート経験がなくて、街中で見かけるカップルを羨ましく思いながら、エロ動画でシコシコする情けない毎日を過ごしていました。


そんな僕でもオナ禁を120日続けたら、

・女子大生から逆ナンされる。
・清楚系の女性から食事に誘われる。
・ギャルやモデル、アパレル店員や某テーマパークキャストと遊ぶ。
・就活中にリクスー女子30~50人とデートする。
・カフェで年上OLをナンパする。
・20歳の彼女が出来て童貞を卒業する。
・自信が付いてガンガン行動するようになり、就活で一部上場企業から内定をゲットする。
・男、女両方の友達が増えて灰色だった日常が充実する。

といった楽しい人生になりました。


この経験から僕はあなたがどんなに絶望的な状況でも、オナ禁を通して自分を変えられるし、

人生を逆転出来る

と確信しています。


そういった信念から、僕がオナ禁を120日続けて学んだ「正しいオナ禁法」を一冊の書籍にまとめました。

この書籍を読めば、どうやってオナ禁に取り組むと人生を変えられるのかが分かります。

読んだ多くの方から好評を頂いたので、メルマガ登録してくれた人限定で公開することにしました。

10分ほどで、すぐに読める内容になっています。

今なら登録するだけで無料で見れますよ。

→電子書籍【オナ禁で人生を変える教科書】を読んでみる

メルマガでは面白くて役立つ情報や様々なプレゼントを配布予定ですので、普段お使いのメールアドレスをご入力ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をタップして、1000人以上が受け取ったオナ禁書籍を読む】



>>詳細が気になる方はこちらをタップ<<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました