キルアから学ぶ仲間の重要性。オナ猿は1人じゃない

漫画から学ぶオナ禁理論

オナ猿の悩みの一つに「孤独」があります。
自分が1人だと思い寂しさを常に感じています。

表向きはそんなつもりは一切出しません。
人前では明るいように見せます。

でも、心の中は孤独感でいっぱいです。
虚しさや空虚感がつきまといます。

 

原因は「オナニー」です。

シコるたびに気持ち良さと引き換えにどんどん大事なものを失っていきます。

自己嫌悪や自己否定をすることで自信を喪失します。

「自分はダメ人間」

「ヘタレ童貞」

「女性に相手にされない男」

という風に考えてしまい、自分はモテないと暗示をかけていきます。

人間は頭で考えている通りになっていきます。
思考が行動を決めるので、「モテない男」と普段から無意識で思っていると本当にモテなくなります。

女性に声が掛けられないのは「女子に好かれない」と思い込んでいるからです。

やってみないと分からないのにチャレンジしないのは、勝手に決めつけているからです。

「自分には無理」

「女の子が好きになってくれるわけがない」

そう思っているから口説こうとしなくなるんです。

現実から逃げているので絶対に彼女は出来ません。
挑戦していないので素敵な女性とラブラブな毎日は送れないでしょう。
一生、イチャイチャしているカップルを横目に、スマホとエロ動画と右手(左手)が恋人で終わります。
寂しい人生です。

 

しかし、オナ猿だと孤独感が強いけど素直になれないので、自分を認めるのが難しくなります。
弱さを認められずプライドが高くなってしまうので、人に頼れなくなります。

人は自分の弱さを認めると素直になります。

「俺にはこういう弱点がある」

自ら認識出来れば、さらけ出せるようになれます。

女性から見ても自分を認めている男性の方が魅力的です。
弱さを受け入れて自らを高めようと努力している男性は、女の子からしたら一緒にいたくなります。

「彼といれば楽しい毎日が待っている」

「つまらない日常から抜け出せる」

「笑顔で日々過ごせる」

こんな風に思うので、彼女になろうとしたり深い関係になりたいと願います。

弱さを認められる男性は魅力的です。

 

でも、オナニーばかりで射精を繰り返していると弱さを受け入れられません。

心の中は常に寂しさ、虚しさ、孤独感でいっぱいです。

人に本音を言ったり悩みを打ち明けられないです。

「誰かにモテない苦しみを分かって欲しい」

「自分の辛さを理解して欲しい」

「女性に自分を認めて欲しい」

「異性から必要とされたい」

誰にも言えないけど、賢者タイムにはこんなことを考えてしまいます。

 

人間は必ず誰かに必要とされたいと思います。

これは「承認欲求」からきています。

誰かに認められたい、自分を受け入れて欲しいという欲望です。

人間なら誰でも持っています。
有名人だろうが、大学生だろうが、社会人だろうが関係ありません。
男女の区別なく人が生まれながらにして持っている欲求です。

これがあるから、恋愛をしたい、彼女が欲しい、モテたいと考えます。
異性から認められたいと思うんですね。

男性にとって女子から受け入れてもらえるか、もらえないかは死活問題です。

モテないって辛いですからね。

自分に存在価値が無いんじゃないか?と考えてしまうほど、重要なんです。

 

オナ猿だとこの欲望が満たされません。

常に孤独感でいっぱいです。

女の子にはモテない。
友達はいるけど、本音が言えるわけではない。
苦しみや辛さを分かってくれる人がいない。
1人で耐えている。

オナニーばかりでモテなくて悩んでいる男性には色んな人がいるので、全てこうなるわけではないです。
多種多様な人が世の中にはいるので、ひとくくりには出来ないでしょう。
悩みは千差万別です。

だけど、オナ猿が孤独を感じる理由は承認欲求が満たされないからだと考えられます。

「認めてもらえない」

「受け入れてもらえない」

「分かってもらえない」

「必要とされない」

友人や女性、日常生活で関わる人等、身の回りにいる人に自分を理解してもらえないのが原因だと思います。

 

自分を認めてもらえないのは辛いです。
世界は広いのに、「自分は1人なんだ」と思うほど不幸なことはないでしょう。

孤独の闇はとても深いです。

 

この前、ハンターハンターを読んでいたんですが、キルアというキャラがいました。

出典元:https://hunterworld.tokyo/killazaoldyeck/

 

彼は伝説の暗殺一家ゾルディック家の一員です。

生まれたときから暗殺と戦闘技術の英才教育を受けていて、12歳で人を殺めた経験があります。
小学生で罪を犯している狂った人物です。
暗殺者としての資質は一族の歴史の中でもピカイチと言われ将来を期待されていました。

殺し屋稼業をしていた時期があるので立派な犯罪者です。

しかし、キルアは家族に敷かれたレールを歩くのがイヤになり家出をしました。
その後、ハンター試験を受けて主人公のゴンや他の仲間達と出会いました。

キルアは才能があって英才教育を受けていたので能力値が高いです。
試験中に他の受験者が大変な思いをしているのに、楽勝モードで試験を突破していきました。

「本当に子供か?」

と思ってしまうほどです。

 

だけど、最強のキルアには弱点がありました。

「孤独」だったんです。

キルアは生まれた時から暗殺者としての技能を強制的に磨き上げられました。
本人の意向は無視され家族に洗脳されていたので、イヤでも人殺しのスキルを鍛錬をする日々が続きました。

 

キルアが心から求めていたものは、「友達」だったんです。

出典元:https://jumpmatome2ch.net/archives/62648.html

 

孤独のキルアが欲しかったのは仲間でした。
どこかに出かけたり遊んだり、言いたいことを言い合ったりする普通の子供になりたかったんです。

それがキルアが心から手に入れたいものでした。

 

ハンター試験終了後、紆余曲折ありましたがキルアはゴンと一緒にいられるようになりました。
ゴンはキルアに言いました。

出典元:https://jumpmatome2ch.biz/archives/102006

 

キルアはツンデレなので表向きは喜びませんでした。
でも、本心は違いました。

出典元:https://jumpmatome2ch.biz/archives/102006

 

「お前にあえて本当によかった」

 

キルアはゴンと「友達」になれて、やっと「孤独の呪縛」から解放されたんだと思います。

ずっと頭の中で思い描いていた友達の存在。
欲しくてしょうがなかったかけがえのない仲間。

キルアは夢を叶えました。

彼はもう1人ではないんです。

 

オナ猿はどうしても孤独になってしまいます。
いくら表向きは元気そうに見せても、1人になると寂しさや虚しさが襲ってきます。
誰にも言えない苦しさや辛さを自ら背負い込んで耐えています。

 

だからこそ、僕は言いたいです。

「あなたは1人じゃない」

「あなたは孤独ではない」

力強く伝えたいです。

 

直接的に関わっているわけではありません。
僕とあなたは文章を通してコミュニケーションを取っています。
間接的なやり取りになります。

だけど、このブログを読んでいるのは、あなた以外にも沢山います。
数百人〜数千人が訪問しています。
サイトにどのくらいの人が来ているかはこちらで把握出来るので、調べるとそれくらいの訪問者がいます。

オナ禁ブログで書いてある内容はオナ禁に関することです。

ブログを見にくるのはあなたと同じように、孤独を感じていたり、モテなかったり、オナニーの弊害に悩んでいたりする人です。

皆、人には言えないからネットで情報を探してこのブログに辿り着いたんだと思います。
奇跡的な確率です。
ネットを見ている数十億人の中からブログを通してあなたと出会えたのはすごいことです。
僕はとても嬉しいです。

 

そして、現状を変えたいからこのブログを見ています。

「変わりたい」

「ヘタレな自分を変えたい」

「彼女が欲しい」

「モテない人生から抜け出したい」

そう思うからネットでオナ禁について調べるんです。

 

僕達は仲間です。

ここはオナ禁で人生を変えるグループです。

オナ禁で強くて魅了的な自信のある男に生まれ変わり、素敵な彼女と楽しい人生を2人で歩んでいく。

この世界を目指して僕らは進んでいます。

あなたはその一員です。
1人ではないです。

新しい世界に向けて仲間達は前進しています。
あなたも同じように少しずつ前に進んでいます。

あなたは孤独じゃないです。

僕達はいる場所は違えど、この世界のどこかで戦っています。

自己の壁を突き破るために。

素敵な彼女と笑顔で過ごせる毎日を手に入れるために。

自信のない自分から強くて自信のある魅力的な男になるために。

モテない人生を変えるために。

直接的には見えないです。
でも、間接的にはつながっています。

あなたと同じようにオナ禁を通して変わろうとしている仲間が、このブログには沢山いるんです。

 

進むスピードや結果の大小は人によって差があります。
本人の努力や使える時間、環境等があるので、成果に違いがあるのは仕方ありません。

しかし、皆、理想世界に向けて一歩ずつ進んでいます。
あなたも新しい場所に行こうとしています。

その行動は正しいです。
あなたは間違ってないです。

オナ禁と通して変わろうとしているあなたは正しいです。

「変わりたい」と思う心の声に耳を傾けて、夢を叶えるために日々成長しようとしています。

自分の本心に従い信じた道を突き進んで下さい。

 

僕らは仲間です。

オナ猿は1人じゃないです。

あなたは孤独ではないです。

目には見えないけど、この世界のどこかで戦っている仲間が必ずいます。

新世界に辿り着くために自分を高めていきましょう。

1000円のAmazon書籍を無料プレゼントしています

僕はオナ禁を実践して、大好きな彼女が出来たり色んな女性と関係を持ったりして楽しい人生を手に入れましたが、過去は悲惨でした。

ヘタレな大学生で21歳まで童貞。

キスやデート経験がなくて、街中で見かけるカップルを羨ましく思いながら、エロ動画でシコシコする情けない毎日を過ごしていました。


そんな僕でもオナ禁を120日続けたら、

・女子大生から逆ナンされる。
・清楚系の女性から食事に誘われる。
・ギャルやモデル、アパレル店員や某テーマパークキャストと遊ぶ。
・就活中にリクスー女子30~50人とデートする。
・カフェで年上OLをナンパする。
・20歳の彼女が出来て童貞を卒業する。
・自信が付いてガンガン行動するようになり、就活で一部上場企業から内定をゲットする。
・男、女両方の友達が増えて灰色だった日常が充実する。

といった楽しい人生になりました。


この経験から僕はあなたがどんなに絶望的な状況でも、オナ禁を通して自分を変えられるし、

人生を逆転出来る

と確信しています。


そういった信念から、僕がオナ禁を120日続けて学んだ「正しいオナ禁法」を一冊の書籍にまとめました。

この書籍を読めば、どうやってオナ禁に取り組むと人生を変えられるのかが分かります。

読んだ多くの方から好評を頂いたので、メルマガ登録してくれた人限定で公開することにしました。

10分ほどで、すぐに読める内容になっています。

今なら登録するだけで無料で見れますよ。

→電子書籍【オナ禁で人生を変える教科書】を読んでみる

メルマガでは面白くて役立つ情報や様々なプレゼントを配布予定ですので、普段お使いのメールアドレスをご入力ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をタップして、1000人以上が受け取ったオナ禁書籍を読む】



>>詳細が気になる方はこちらをタップ<<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました