なぜゴンはハンターになれたのか?本気の定義について。

漫画から学ぶオナ禁理論

僕はあまり精神論や根性論が好きではありません。

中学、高校と体育会系の世界で生きて来たので、「頑張れ」「努力しろ」「耐えろ」「目上の意見は絶対」「先輩には逆らうな」といったことを、ヘドが出るくらい言われてきたので嫌になりました。

ほんとあの世界は酷いですよ・・

僕の頃はまだ良かったんですが、過去はもっとヤバかったみたいです。

たまーに手が出る時もありましたが、ひと昔前は鉄拳制裁が当たり前だったので、今やったら普通に体罰になるでしょう。

まあ、まだまだ厳しく指導する学校や部活等は無くならないと思いますけどね。

ちなみに、あなたはこういう体育会系出身ですか?
あなたが精神論や根性論を言われてきたのか気になったので聞いてみました。

 

で、それはさておき確かに精神論や根性論を唱えるのはあまり良くないと思います。
そのせいで僕も辛かったですし、楽しく部活をやっていた仲間達も去っていきました。
彼らにとって楽しいはずの部活が地獄の思い出になったんじゃ無いかなと思うと、やるせない気持ちになります。

 

ただ、どこかで必ず人は、

「本気で何かに打ち込む」

時期が必要だと僕は感じるんです。

特に大学生はそうですね。

カッコつけた言い方になってしまいますけど、

「自分の全てをかけて戦う」

一定期間、こういう状況になった方が良いというのが個人的な意見です。

 

なぜかというと、当たり前ですけど真剣に何かに取り組み、全力を出すと人は成長します。
しかも今までは考えられないほどありえないスピードで進化します。
さなぎが羽化して蝶になり空を縦横無尽に飛び回れるように人も全時間やエネルギーをフルで使うと、自分が想像出来なかった世界に行くことが出来るんです。

そうやってあなたが成長すれば、求める結果を出せる確率が圧倒的に高くなります。
人生の満足度も上がるし、毎日が楽しくなります。

そして、一時期だけでも本気になれた人は自信が付きますし、これからの人生に良い影響が出ます。
行動力が上がって進化しているので、常識が変わります。
エネルギーが高くなっているので少し何かやっただけで大きなリターンを得られます。

 

そういう意味でも、長い人生の中のほんの数ヶ月〜1年くらいは、自分の全てをかけて戦う方が僕は良いと思うのです。
ほとんどの人は何となく生きて、自分の持っている力を出し切れていません。
脳科学的にいうと、人は普段数%くらいしか能力を発揮出来ていません。
使っていない部分の方が多いんです。

よく「火事場の馬鹿力」なんて言葉がありますが、あれは死の危険が迫ったから、脳が自分を守るために全エネルギーを放出して行動を起こさせているんです。

例えば非力な女性がタンスを1人で抱えたりとか。普段なら絶対に出来ないことが出来るのは、

生命が失われる危機に対して、脳がフルパワーを出すように指令を出すからああなるのです。

それだけ人には秘めた力がある。
人間は思っている以上に凄い生き物です。

 

しかし、ほとんどの人はこの力を上手く使えていないです。
特に性欲は上手く使えば、あなたの人生を変えるくらい秘めた能力なのにオナニーで無駄にしています。

本当にもったいないと思います。

これだけ人間には可能性があるのに、それを使おうとしないのは損をしているかもしれません。

本来であれば好きな人と笑顔で過ごすはずの大学生が、毎日オナニーをして自信を失っている。

僕は見ていて辛くなってきます。

未来ある若者が絶望しているのは大人から見ても心苦しいです。
これからの日本を背負い、世界を作っていく側の人間が性欲に支配されエロにマインドコントロールされて自分を見失っているのは由々しき状態です。

そこから抜け出すためにも僕は「本気」になる必要があると思うのです。
誰かに勝つためじゃない。
あなたがあなたの人生を取り戻すために戦う。
エロとオナニーで失ってきた時間を取り返すために立ち上がる。

僕はあなたにそう訴えかけています。

 

別に良いんですよ。
今がどれだけダメでも。
オナ猿になるとどうしても考え過ぎてしまうので、

「過去は良かったなあ」

とか、

「子供の頃は楽しかったよなあ」

って考えがちです。

 

僕もあなたと同じだったので分かります。

オナニーばかりだと考え過ぎてしまう傾向になるので、自分の昔を懐かしむ機会が増えます。
すると、楽しかった幼少時代や中、高の思い出がフラッシュバックします。

今と比較して明らかに笑顔で過ごしていたのに、現実は辛い日々。

また落ち込むわけです。
過去は良かったのに今が楽しくないので。

しかし過去は過去です。
もう終わりました。
2度と戻れません。

タイムマシンがあれば戻れますが、現実にそんなものはありません。

僕達は「今」を生きています。
未来を輝くものにするためには「今」を必死に生きるしかないんです。

戦うしかない。
あなたの人生を取り戻すために。

進化していくしかないんです。
未来を素晴らしいものにするために。

 

この前、ハンターハンターを読んでいたんですが、主人公のゴンがハンター最終試験に挑むシーンがありました。

相手はハンゾーという忍者です。
彼は幼少の頃から忍法という特殊技術を体得するために、厳しい訓練を乗り越えてきました。
若干12歳で人を殺めています。
明らかにゴンより格上です。

ゴンは数時間以上ボコボコに殴られて血へども出なくなり、ついに腕まで折られました。

ゴンは12歳の子供です。
普通だったら諦めるでしょう。
どう見ても勝ち目の無い相手です。

ですが、彼は諦めません。
最終的には、ハンゾーに刃を額に突きつけられる所まで追い込まれました。

出典元:https://www.amazon.co.jp/HUNTER-X-4-ジャンプコミックス/dp/4088726723/ref=pd_lpo_14_img_2/355-1888442-3448028?_encoding=UTF8&pd_rd_i=4088726723&pd_rd_r=9ba48031-8221-4400-9b7c-2dfffdd85609&pd_rd_w=VzMsI&pd_rd_wg=LAo3S&pf_rd_p=dc0198fa-c371-4787-b1e2-96ed0e4d45e8&pf_rd_r=VDW3CGVGQ68SM7DHDGFN&psc=1&refRID=VDW3CGVGQ68SM7DHDGFN

 

ハンゾーとゴンは対等ではありません。
力の差は歴然です。
負けを認めなければ殺されます。

それでも引かないゴンにハンゾーは言いました。

出典元:https://www.amazon.co.jp/HUNTER-X-4-ジャンプコミックス/dp/4088726723/ref=pd_lpo_14_img_2/355-1888442-3448028?_encoding=UTF8&pd_rd_i=4088726723&pd_rd_r=9ba48031-8221-4400-9b7c-2dfffdd85609&pd_rd_w=VzMsI&pd_rd_wg=LAo3S&pf_rd_p=dc0198fa-c371-4787-b1e2-96ed0e4d45e8&pf_rd_r=VDW3CGVGQ68SM7DHDGFN&psc=1&refRID=VDW3CGVGQ68SM7DHDGFN

 

その時、ゴンはなぜここまで追い詰められても立ち上がり続けるのか語り出しました。

出典元:https://www.amazon.co.jp/HUNTER-X-4-ジャンプコミックス/dp/4088726723/ref=pd_lpo_14_img_2/355-1888442-3448028?_encoding=UTF8&pd_rd_i=4088726723&pd_rd_r=9ba48031-8221-4400-9b7c-2dfffdd85609&pd_rd_w=VzMsI&pd_rd_wg=LAo3S&pf_rd_p=dc0198fa-c371-4787-b1e2-96ed0e4d45e8&pf_rd_r=VDW3CGVGQ68SM7DHDGFN&psc=1&refRID=VDW3CGVGQ68SM7DHDGFN

 

ゴンの父親はハンターをしています。
凄腕のハンターです。
父親に会うにはハンターになるしかない。
だから、ゴンは退けないのです。

今、退いたら一生会えない可能性があるから。
命をかけてでもハンター試験に合格するしかない。

彼は本気なんです。

その結果、ハンゾーは負けを認めゴンは12歳でハンター試験に合格しました。

出典元:https://www.amazon.co.jp/HUNTER-X-4-ジャンプコミックス/dp/4088726723/ref=pd_lpo_14_img_2/355-1888442-3448028?_encoding=UTF8&pd_rd_i=4088726723&pd_rd_r=9ba48031-8221-4400-9b7c-2dfffdd85609&pd_rd_w=VzMsI&pd_rd_wg=LAo3S&pf_rd_p=dc0198fa-c371-4787-b1e2-96ed0e4d45e8&pf_rd_r=VDW3CGVGQ68SM7DHDGFN&psc=1&refRID=VDW3CGVGQ68SM7DHDGFN

 

なぜゴンはハンターになれたのか?

「本気」だったからです。

彼は自分の全てをかけて戦った。
だから、試験に合格出来たんです。

 

別にオナ禁の世界で失敗したからって死ぬことはありません。
命を取られるわけじゃないし、何度でもやり直せます。
なのになぜやらない人が多いのか?
なぜ、続かない人は沢山いるのか?

もちろん、色んな理由があります。
ひとくくりには出来ません。
ノウハウ的な面もあるでしょう。

でも、どこまで「真剣にオナ禁に取り組んだか」

これが一つの指標になると思うのです。

 

「本気になる」とは「捨てる」ってことです。

過去の自分。
ダメダメな現状。
ヘタレ童貞。
オナニー。
エロ動画やエロサイト。

色んなものを捨てることが出来ない人は本気にはなれません。
立ち上がるにはエネルギーが必要だし時間がないといけません。
自分の弱さを素直に認めて進化しようと努力しないといけません。

それには捨てるしかないんです。
リュックの中に沢山物が入っていると重くなって行動しずらくなります。
中身は必要最小限にして軽くした方がフットワークは軽くなります。

あなたも必ずどこかで捨てることが出来ないと、人生は変えられません。
捨てられないから多くのオナ猿は、オナニー依存症のまま死んでいくんです。
そして死ぬ時後悔します。

「もっとあの時、頑張っておけば良かったなあ・・・」という風に。

 

あなたはそうなってはいけない。
進化する側になって下さい。

成長を阻害する要因。
変化を邪魔する物。
オナ禁者を笑う連中。
あなたの足を引っ張ってくる人達。

そういう多くの物や人を捨てない限りあなたは変われません。
今のまま変わるのは難しいです。
変化するには痛みが伴います。
でも、それを乗り越えられないと成長は出来ないのです。

 

人を集めるのは「リーダーのオーラ」です。
今、リーダーである必要はないです。
これからリーダーに近づいていけば良いだけです。

リーダーとは「女性にとって」リーダーになれば良いんです。
あなたがオナ禁を通して別の自分に進化し自信をつけ強くなり、その力で異性を引っ張っていけるようになる。
これがリーダーです。

全員がそうではないですが、女性は生物上、受け身です。
男性から声が掛かるのを孤独に待っている。
そして自信がない人が多い。
化粧や服装で自信の無さを隠しています。

だったら、あなたが自信と強さを手に入れれば、それは女性にとって魅力になります。
ほとんどの男性が持っていない内面的な魅力なので、惹かれる女性は一定数いるでしょう。

そういう女子の心を掴み、これからの人生を一緒に歩んでいく。

あなたは今まで1人だったかもしれない。
でも、これからは2人で素晴らしい人生を作っていくんです。

あなたが彼女の手を引いて新しい世界に連れて行って下さい。
こういうカップルの形だってありです。

 

そのためにはあなたが本気になる必要があるし、絶対に捨てないといけない。

「オナ禁に全力を注ぐなんてくだらない」

世の中そんな男性ばかりです。
皆、バカにしてやらないしやってもちょっと実践してやめていきます。

そんな中、優秀なオナ猿が本気を出せばぶっちぎれます。
ライバルなんて敵ではないです。
秘めた力を持っているオナ猿は最強ですからね。
才能の塊です。

 

「未来」を変えるために「今から」戦っていきましょう。
他ならぬあなたの人生ですから。

 

関連記事
なぜ、オナ猿は潜在能力が高いのか?
以下の記事で詳しく解説しています。
ウサギちゃんを見てオナ猿はポテンシャルが高いと感じた件について

 

あと、カテゴリーに「漫画から学ぶオナ禁理論」を追加しました。
これは漫画やアニメ、ゲームを僕がオナ禁視点で解説しています。
オナ禁を色んな見方で見ているので興味があれば読んで下さい。

漫画から学ぶオナ禁理論はこちら

1000円のAmazon書籍をプレゼントしています

僕はオナ禁を実践して大好きな彼女が出来たり色んな女性と関係を持ったりして、楽しい人生を手に入れましたが過去は悲惨でした。


ダメな大学生で21歳まで童貞。


キスやデート経験がなく街中で見かけるカップルを羨ましく思いながら、エロ動画でシコシコする情けない毎日を過ごしていました。


そんな僕でもオナ禁を通して、

・オナ禁100日目で女子大生から逆ナンされたり、
・20歳の彼女を作ったり、
・大好きな女性で童貞を卒業出来たり、
・年が10歳以上離れた年上のお姉さんに誘われて色んな経験をさせてもらったり、
・その後は複数の女性と関係を持つのをやめて大好きな人を大切にする日々
・ヘタレだった自分を変えられて自信が持てるようになり、就活では一部上場企業から内定をゲット。
・男、女両方の友達が増えて灰色だった日常が充実したり、

といった楽しい人生になりました。


この経験から僕はあなたがどんなに絶望的な状況にいてもオナ禁を通して自分を変えられるし、


人生を逆転出来る


と確信しています。


そういった信念から僕がどうやってオナ禁に取り組み、人生を変えるまでに何をしてきたのかを一冊の書籍にまとめました。

読んだ多くの方から好評を頂いたので、メルマガの中限定で公開することにしました。

物語形式で書いているので10分ほどですぐに読める内容になっています。

今なら登録するだけで無料で見れますよ。


→電子書籍【オナ禁で彼女と内定を手に入れ人生変えた物語】を読んでみる

メルマガでは面白くて役立つ情報や様々なプレゼントを配布予定ですので、普段お使いのメールアドレスをご入力ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をタップして、大学生オナ禁人生逆転物語を読む】



>>詳細が気になる方はこちらをタップ<<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました