オナ禁で女性に動かされる側から動かす側になろう

自己研鑽

オリンピックが大会3日目に入りましたね。

既にメダルを取っている日本の選手がいて凄いです。
僕は昔スポーツをやっていた時期があるので、個人的にアスリートの方を尊敬しています。
血の滲むような努力を積み重ねて、プレッシャーと戦いながら結果を出そうと頑張っているので素晴らしいです。

 

23日に開会式をたまたま見たんですが、服装がカラフルでしたね。
赤、青、緑等、色を使った服を着ていました。
明るい色だとかなり目立っていました。

個人的に注目したのはスマホを持っている選手がいたことです。
見る限り結構いたんですよね。
動画を撮っているじゃないかと思うんですが自分の姿を映しつつ歩いていました。
スポーツ選手がTwitterやYouTube等のSNSをやるのは普通なので、そのネタを撮っているんじゃないですかね。
ファンからしても楽しいでしょう。

選手達が持っているスマホを作ったのは、スティーブジョブズです。
彼が思い付いたアイデアを形にして世に送り出した結果、スマホは爆発的に普及しました。
現代では所持しているのが当たり前です。
持っていない方が変な目で見られるくらい普通になりました。
世界を変えた人物です。

オリンピックの開会式にスマホを持って選手が参加するなんて、一昔前は考えられませんでした。
そもそも携帯が無いですし、通信機器を肌身離さず持ち歩いてどこへ行くにも持っていく状態が想像出来ませんでした。
ほんとスマホが生まれて普段の日常や生活がガラリと変わりました。

 

僕は世の中には2種類の人間がいると思っています。

動かす側と動かされる側です。

この2タイプに必ず別れます。

動かす側は多くの人を動かします。
自分の思うままに誘導して沢山の人を一定の方向に導きます。

ジョブズが良い例ですね。
スマホの登場により数十億人の人間を動かしました。
手で持ち運べる携帯1台で世界を変えました。
とてつもない影響力がある人物です。
億単位の人間を動かしたんですからね。

動かされる側は動かす側に誘導される人達です。
「これが重要!」「流行っているのはこの商品です!」と、動かす側が言った言葉に無思考で反応し動かされます。
特にお金に関することについてはかなり動かされています。
いらないものを買わされる機会だってあるので、金銭的な面で上手く動かされています。

ファッションが典型例です。
売りたい側が宣伝した商品を多くの人は買っていますが、本当に流行っているのか?と言われると厳密には違います。
「流行っている」のではなく「流行らせている」が正しい認識です。
ファッション誌やモデルさんは「広告媒体」です。
「皆、これが今一押しだよ!買おうね!」と多くの女性を動かす役割を担っているのです。

その影響で女性達は「そうなんだ!じゃあ買おう!」となり、服にお金を出しています。

こうやって、アパレルメーカーは儲けています。

動かす側が上手く、動かされる側を動かしている事例です。

 

オナ禁の世界でもこれは言えます。

オナ猿とオナ禁者。

どちらが動かす側、動かされる側か?といったら明らかです。

オナ禁者が動かす側で、オナ猿が動かされる側です。
明確に分かりますね。

オナ禁者は動かす側です。
オナ禁の効果で男性ホルモンを増やしているので、女性が本能で近寄りたくなるように誘導しています。
電車内で女性が隣に来る機会が増えるのは、女子を無意識で動かしているからです。

自己研鑽をして男を上げることで目つき、顔つき、表情、雰囲気が変わります。
パッと見の印象が良くなるので女性からすると見た瞬間に「あの人、他の男性と違う」と感じて注目されやすいです。
これも相手の意識をこちらに向けさせているので動かしています。

エロい目で女性を見なくなるので、相手にメリットや価値を与えようとして会話に集中し楽しい時間を作ろうとします。
女の子からしたら自分を人として見てくれて楽しかったら一緒にいたくなります。

「また、彼に会いたい」

「また、話したい」

「今度、遊びたい」

と思うようになるので、これも相手を動かすことになります。

 

逆にオナ猿は動かされる側です。
エロやオナニーにどっぷり浸かって日々シコりまくっています。
セクシー女優、エロ系のYouTuber、グラビアアイドル、TikTokr等のSNSは常にチェックしてエロいものを見るために躍起になっています。
時間、心、お金を支配されている状態です。
エロの住人達にコントロールされています。

普通の女性を前にしても同じです。

「うわあ、あの子良い体してる」

そんなスケベな目でしか女性を見れないので、性欲に振り回されています。

当然、女の子だって気付きます。

「この人、ちょっとやだな・・・」

「私を変な目で見てる・・・」

そう思われるので近寄ってきません。
離れていきます。

モテないのでオナニーをするしかありません。
女性を動かすことが出来ないだけでなく、エロに動かされている状況です。

 

そもそも、「モテる」とは何なのか?というと、「動かす」ことが本質です。

目の前にいる男性と関わりたいから、何か行動を起こそうとする。
これは女性を動かしていることに変わりはありません。

モテる男性は女性を動かしています。
先に自分と関わるメリットを与えて、女性が一緒にいる理由を作ります。
女子からすると時間を共有する価値があると判断するので、好かれたくなりますし嫌われたくないと考えます。

主導権を男性側が握っている状況です。
だからこそ、モテる男性は女性に困らないんですね。
普段から相手に与えて自分と関わる理由を作っているので、「会おうよ」「家来て」「エッチしよう」で女性と会えるし、デリバリーのように女性が来てくれます。

女の子も喜んで男性側と一緒にいるので、もっと好かれるために頑張ります。
プレゼントを上げたり美を追求したり、人によってはお金を渡します。

ヒモが良い例です。
女性からお金をもらって生活しています。
あれも動かしているのに変わりはありません。
何かしらのメリットを女性側に与えることで、相手からお金を出すように仕向けています。
狙ってやっています、彼らは。

モテる男性は自然にメリットを感じさせる行動が出来ています。
先に与えまくって価値に気付かせて、後からもらおうとします。

オナ禁者も同じです。
内面を変えて本能に訴えかけるようにして、自己研鑽でさらに男を上げることで女性に与えられるものを増やしています。
会話をする前から内側の変化により魅力的になった外見で影響を与えつつ、対峙したら女子にメリットを感じさせます。
モテる男性と同じように先に与えています。

 

しかし、オナ猿だと一生与えられません。
女の子に先に与える所か自分がもらおうとします。
女性=性的な対象として見るので、欲望が全開状態です。
こういう視線や雰囲気だと異性から好かれづらくなります。
近寄りたくないと思われてしまいます。

根本的な原因はエロやオナニー、性欲に動かされていることです。
支配されて正常な判断が出来ないから、女性に与える前に自分が得ようとするのです。

 

オナ禁でエロにコントロールされた世界から抜け出せれば、先に与える側になれます。
与えまくれば当たり前ですがいずれ返ってきます。
壁にボールを投げれば戻ってくるように、異性でも同じように何かしら返そうとします。
それがデートや交際、エッチだったりするわけです。
男性側が求める欲求を解消出来ます。

 

先に与えるか、もらおうとするかは結果に大きな差を生みます。

人間はメリットや価値を感じると関わったり時間を使おうとする性質があるので、彼女を作りたいなら異性に与える必要が必ずあります。
それをしないでモテるのは不可能です。
モテる男性は絶対に何かしらのメリットを与えています。
そうじゃないと女性側が一緒にいる理由がありません。

「何となく遊んでいる男女」

だって必ず言葉に出来ない(しない)理由があります。
口に出していないだけで、お互いが価値を感じているから一緒にいます。
メリットが何も無いのに交際や深い関係になるのは無理です。
人間の本質を理解すれば、絶対に与える必要があります。

 

その面でオナ禁者になり動かす側になれば有利です。
本能的な面、女性を見た時の視点、普段の自己研鑽で培った魅力があるので圧倒的に女性に与えやすいです。
モテる確率が格段に上がります。
彼女を作るべくして作る段階に努力次第でいけます。

でも、オナ猿だとこの境地には辿り着けません。
動かされる側だからです。
与える側ではなく、与えられる側に終始するのでもらわないと生きていけなくなります。
エロの世界の住人達が世に放つ至高の作品にコントロールされてオナニーをしまくる毎日になります。
時間を浪費し、心を奪われ、お金を使わされます。
永遠に動かされ続けます。

与える側になれる日はありません。
与えられて終わります。
動かす側の良いように誘導されてしまいます。

こうならないためにもあなたはオナ禁者になるべきです。

 

動かされる側から動かす側になる。

女性に振り回される男性から振り回す男性になる。

 

言葉は良くないですが、モテる男性は女性を動かしているので振り回す側です。
時間や気持ち、場合によってはお金の面で動かしているので振り回していることに変わりはないです。

女性の気持ちを揺さぶり時間を使いたいと思われる男性になりましょう。

オナ禁を通して自分を磨いていけばなれます。

適切なやり方を学び、実践して継続すれば一定の成果は出るはずです。

確かに性欲は個人差があるので、全員が同じ結果を出せるとは言い切れません。
どうしても差が生まれてしまいます。

だけど、正しい方法を勉強して一定期間努力を継続すれば成果が出ます。
例えば1ヶ月オナ禁を継続したのに、全く変化がない場合は根本的に間違っている可能性が高いです。

何でもそうですが、30日地道に続けて結果が出ないのはおかしいです。
多少の変化はあるはずなので、やり方を見直す必要があります。

 

恋愛面も同じように後天的な努力で変えられます。
いくらでも勉強する方法があるので、本人のやる気次第で逆転は可能です。
細かく女性心理を解説している本や教材がありますし、ネットで調べれば恋愛を教える仕事をしている人がいます。
そういうプロから習えばある程度の結果は出せると思います。
もちろん、本人の努力が大きいので一定期間、頑張る必要はありますけどね。

 

オナ猿で女性から動かされていた男性が、オナ禁者になって女性を動かす側になれるかは努力次第です。
あなたがどこまでオナ禁や自己研鑽を続けられるかにかかっています。

動かされる側よりも動かす側の方が楽しいです。

オナ猿でエロやオナニー、性欲にコントロールされて時間、心、お金を奪われるよりも、オナ禁者になって女性の心を掴み必要とされる方が人生は充実しますよ。

1000円のAmazon書籍をプレゼントしています

僕はオナ禁を実践して大好きな彼女が出来たり色んな女性と関係を持ったりして、楽しい人生を手に入れましたが過去は悲惨でした。


ダメな大学生で21歳まで童貞。


キスやデート経験がなく街中で見かけるカップルを羨ましく思いながら、エロ動画でシコシコする情けない毎日を過ごしていました。


そんな僕でもオナ禁を通して、

・オナ禁100日目で女子大生から逆ナンされたり、
・20歳の彼女を作ったり、
・大好きな女性で童貞を卒業出来たり、
・年が10歳以上離れた年上のお姉さんに誘われて色んな経験をさせてもらったり、
・その後は複数の女性と関係を持つのをやめて大好きな人を大切にする日々
・ヘタレだった自分を変えられて自信が持てるようになり、就活では一部上場企業から内定をゲット。
・男、女両方の友達が増えて灰色だった日常が充実したり、

といった楽しい人生になりました。


この経験から僕はあなたがどんなに絶望的な状況にいてもオナ禁を通して自分を変えられるし、


人生を逆転出来る


と確信しています。


そういった信念から僕がどうやってオナ禁に取り組み、人生を変えるまでに何をしてきたのかを一冊の書籍にまとめました。

読んだ多くの方から好評を頂いたので、メルマガの中限定で公開することにしました。

物語形式で書いているので10分ほどですぐに読める内容になっています。

今なら登録するだけで無料で見れますよ。


→電子書籍【オナ禁で彼女と内定を手に入れ人生変えた物語】を読んでみる

メルマガでは面白くて役立つ情報や様々なプレゼントを配布予定ですので、普段お使いのメールアドレスをご入力ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をタップして、大学生オナ禁人生逆転物語を読む】



>>詳細が気になる方はこちらをタップ<<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました