オナ禁したら声が変わる?女性にモテる声になる?

魅了のオナ禁効果

「オナ禁したら声が変わる」

「オナ禁すると女性にモテる声になる」

って言ったらあなたは信じますか?

「いやいや、オナ禁しただけで声は変わらないでしょ」

「オナニーをやめるだけで女性にモテる声になったら苦労しないよ」

とあなたは感じたと思います。

 

しかし、僕自身や周囲のオナ禁者の話を聞くと、オナ禁したら声が変わったという人は沢山いるんですよね。
自分でも声の変化に気付きますし、実際に周りの人から声の変化を指摘された人も結構います。

僕もオナ猿の時は一度たりとも声を褒められたことはなかったです。

だけど、オナ禁をするようになってから突然、

「山下君って良い声をしてるよね〜」

「カッコいい声だね〜」

という風に女性から言われることが増えました。

自分ではよく分かりませんけど、異性から見ると魅力的な声に変わったみたいでした。

 

最初は半信半疑でした。

「本当に声が変わったのか?」

って感じで信じられなかったです。

でも、それなりの数の女の子に褒められたので次第に、

「声が良くなったんだな」

「意外と女性に受ける声なんじゃないか?」

と思えるようになりました。

もちろん個人差はあります。
指摘しない女性もいますし僕と実際に話した人はそう思わなかったかもしれません。
自意識過剰と思われる可能性が高いです。
他にも思い込みの効果があるでしょうね。

 

しかし、仮にそうだとしても僕はオナ禁をする前は一回も声を褒められたことがなかったので嬉しかったです。
声が変わっただけでも自信になりました。
オナ猿の時と比べたらすごく成長したと感じましたね。

この経験や周りのオナ禁者の変化を聞いたので、オナ禁と声には関係性があるんだと思いました。
オナ禁のとても大きな効果ですね。

声を褒められたことがなかったオナ猿時代

とはいっても僕はオナ禁をする前は、かなり声に対してコンプレックスを持っていました。

大きな原因は自信が無かったことです。

その影響で小さい声でボソボソ話していたので、

「え?今なんて言ったの?」

「聞き取れないからもう一回話して」

と相手から指摘されることが良くありました。

それくらい声が小さかったんです。
だから、声を褒められるなんて想像出来ませんでしたね。

 

さらに早口だったので、なおさら自分の声に劣等感を持つようになりました。

今でもそこまでゆっくり話せているとは思いませんが、僕の場合、結構早口になりやすかったんですよ。
普段から早く喋ってしまう癖があって、緊張すると特にワーワー騒ぐように話してしまって、相手に上手く自分の考えを伝えるのが苦手でした。

早口で声が小さいと聞き返される機会が増えます。
1回ならまだしも、2~3回とか相手が聞き直してくる時もあったので、自分の話し方に問題があるのを自覚してもっと自信が無くなっていきました。

 

人によっては、

「もっとちゃんと喋ってよ!」

「早くて聞き取れない!」

という風に直接悪い部分を言ってきたりするので、ショックを受けました。

 

今思えば僕の話し方に問題があるから指摘してくれているのですごくありがたいですが、当時はそんなプラスには捉えられませんでした。
マイナスに考えてしまってネガティブになっていましたね。

ほんと辛かったです。

オナ禁したら女性から声を褒められる

早口についてはゆっくりと話すようにしていました。
そのおかげで多少は改善されて、聞き返される機会は減ってきました。
でも、相変わらず自分の声に劣等感がありました。

そんな声にコンプレックスを持ちつつオナニーばかりしていた時に、たまたまオナ禁を知ってやり始めました。
最初は声にそこまで変化は無かったんですが、継続していくうちに変わっていきました。

 

自分では全然気付かなかったんですけど、

「山下君って良い声してるよね」

「声がカッコいいよね」

「声を聞くと落ち着くな」

といったことを言われるようになりました。

その時は、

「え?そうかな?」

程度で受け流していましたが、内心は、

「よっしゃー!!!」

「いぇーい!!!」

「やったー!!!」

ってくらい喜びました(笑)

平静を保ちつつ心の中は嬉しくて仕方なかったです。

 

声にコンプレックスを持っていて早口でボソボソ話して、一度たりとも声を褒められたことが無かったオナ猿時代の僕からしたら、女性から自分の声を褒められるのは嬉しくないわけがなかったです。

「オナ禁を頑張って本当に良かった・・・」

って本心で思いましたね。

 

ちなみに、男性からは全然褒められなかったんですよね。
同性の友達からは何も言われませんでした。
なぜか女の子にだけ声について指摘されました。

「声がカッコいいよね」

「山下君の声って良いよね」

みたいに言われるんですが、男性からは全く言われませんでした。

あったとしても、

「なんか声変わった?」

程度で、1回か2回くらいしかなかったですね。

 

それでも以前は声にコンプレックスを持っていたので、同性から変化が見えなくても僕にとっては大きな進歩になりました。

少なくとも女の子からは褒められたので、異性から見たら声の印象が良くなりましたからね。

なぜオナ禁で声が変わるのか?

オナ禁したらなぜ声が変わるのか?というと、単純に、

「オナ禁で自信が付いたから」

だと思います。

 

オナ禁してると性欲という凄まじく強い欲求を我慢しなくてはいけないです。
オナニーで得られる目先の気持ち良さを捨てて、未来の自分が本当にゲットしたいもののために努力していくことになります。
そうなると、頑張っている自分に対して誇りのようなものが持てるようになるんですよ。

弱い自分から強い自分に変わろうとしているって感じですかね。
新しい自分に生まれ変わるためにオナ禁を通して日々自己研鑽を積み重ねているので、少しずつ自分に自信が持てるようになります。

 

しかも、単純にオナ禁日数が増えていくとそれ自体が自信になります。

「よっしゃ!オナ禁1週間を達成した!」

「今日で1ヶ月継続した!」

って思えると地味に自信が付くんですね。

そうやって自信が付いてくると声が変わってくるんです。

自信と声の関係性

自信と声は実は意外と関係性が深いです。

例えば、普段友達と話す時は声がデカイのに人前で話す時は緊張して声が小さくなる人がいます。
他にも家族の前だと声が大きいのに学校やバイト先だと声が小さくなる人がいます。

これってどちらも、

「気持ち」

の面に大きな変化が出ているからなんですね。

家族や友達だと仲が良いから堂々としていられますが、人前だと緊張したり、学校やバイト先だと先輩や上司やお客さん、教授が自分より年齢が上なので気を遣い、自分の意見が言えなくなったりします。

こんな風に声はメンタルでかなり変わります。
自分の気持ち1つで良くも悪くもなるんですね。

だからこそ、オナ禁を通して自信が付いてくると、人前に出ても堂々と話せますし、女性と対峙してもガンガン口説いていけるんですね。

 

それにオナニーをやめると、元気になるので声が大きくなりやすいです。
性的な欲求を発散出来ないので、良い意味で欲求不満になり行動したくて仕方なくなります。

エネルギーが有り余って元気になりガンガン動いて声が大きくなると、堂々と話せるようになります。
堂々と話せばさらに元気になるので、声も出しやすくなるんですね。

そうやって声を出しやすくなって声を発する機会が増えれば、喋るのに慣れていきます。
実はトークも慣れです。
普段から話しまくれば、ある程度は会話するのが楽になります。
コミュニケーションが下手な人は日常で話すことが少ないかもしれません。
なので、話す機会が増えれば必然的に会話は上手くなるんですね。

 

オナ禁で自信が付けば声を出す機会が増えて、人と接することが怖くなくなるので楽しくなります。
楽しくなれば声に対するコンプレックスも徐々に消えていきます。
僕もシコるのをやめて多くの人と関わるようになったら、いつの間にか声に対する劣等感が消えていました。

女性から褒められるようになったのもありますが、人と接する機会が増加して楽しくなったからだと思います。

声にエネルギーをのせる

あと、これは感覚的な話になるんですが、オナ禁をしていると、

「声にエネルギーをのせる」

ということが出来るようになってきます。

すごく感覚的な話です。
しかし、これが出来るともっと声が良くなると思います。

僕は1ヶ月ほどオナ禁を続けたら出来るようになりました。

 

言葉にするのが難しいですが、オナ禁して溜まった性的なエネルギーを声に出している感じですね。
オナ禁すると性欲が発散出来ずにエネルギーが余るから、そのエネルギーを声の方に使っているってことです。

これが出来るとよりパワーのある声になるので、声を通して自分のエネルギーが女性に伝わり、

「この男性は優秀だ」

「他のオスと違う」

と察知して魅力を感じるのではないかと考えられます。

もちろん、科学的に証明されている話ではないです。
あくまでも僕の仮説ですね。
立証はされていません。

だけど、僕の体感ではこういったこともあるのかなと思います。

 

ここまでオナ禁と声の関係について色々書いてきましたが、理由はどうであれ僕はオナ禁をしたことで声がかなり良くなりました。
それは事実ですね。

女性から褒められるようになったので、

「声が良くなった」

「異性からモテやすい声になった」

「魅力的な声に変わった」

のは嘘ではないと思います。

 

女性受けする声になったおかげで、女の子から好かれて深い関係になれたりもしたので、オナ猿から抜け出すだけではなく、あなたが声にコンプレックスがあるならオナ禁をやってみると良いですよ。

僕がオナ禁を教えた人の中にも、

「オナ禁したら女の子から声を褒められました!」

という話を聞いているので効果はあると思います。

 

今回の話を作り話だと感じるかどうかはあなた次第です。

「オナ禁したら声が変わるなんてありえない」

「どうせ嘘でしょ」

と思って終わらせることも出来ます。
別に強制ではないので信じたくない人は信じなくて良いです。

でも、あなたが少しでも心に残ったなら、オナニーをやめるだけなら無料なので試してみて欲しいですね。

最初は半信半疑でもずっと疑ってやらないよりも、すぐに実践してみる方が早く効果を感じやすいですよ。

 

PS.
ちなみにオナ禁で声が変わる理由には、

「オナ禁をするとフェロモンが発生して声からも出るから」

といった意見もあるようです。

確かにそんなことも出来るんじゃないか?と思いたい気持ちはわかります。
だけど、人間はフェロモンを感じ取る機能が退化して使えないらしいなので、信ぴょう性はかなり低いと思います。

1000円のAmazon書籍を無料プレゼントしています

僕はオナ禁を実践して、大好きな彼女が出来たり色んな女性と関係を持ったりして楽しい人生を手に入れましたが、過去は悲惨でした。

ヘタレな大学生で21歳まで童貞。

キスやデート経験がなくて、街中で見かけるカップルを羨ましく思いながら、エロ動画でシコシコする情けない毎日を過ごしていました。


そんな僕でもオナ禁を120日続けたら、

・女子大生から逆ナンされる。
・清楚系の女性から食事に誘われる。
・ギャルやモデル、アパレル店員や某テーマパークキャストと遊ぶ。
・就活中にリクスー女子30~50人とデートする。
・カフェで年上OLをナンパする。
・20歳の彼女が出来て童貞を卒業する。
・自信が付いてガンガン行動するようになり、就活で一部上場企業から内定をゲットする。
・男、女両方の友達が増えて灰色だった日常が充実する。

といった楽しい人生になりました。


この経験から僕はあなたがどんなに絶望的な状況でも、オナ禁を通して自分を変えられるし、

人生を逆転出来る

と確信しています。


そういった信念から、僕がオナ禁を120日続けて学んだ「正しいオナ禁法」を一冊の書籍にまとめました。

この書籍を読めば、どうやってオナ禁に取り組むと人生を変えられるのかが分かります。

読んだ多くの方から好評を頂いたので、メルマガ登録してくれた人限定で公開することにしました。

10分ほどで、すぐに読める内容になっています。

今なら登録するだけで無料で見れますよ。

→電子書籍【オナ禁で人生を変える教科書】を読んでみる

メルマガでは面白くて役立つ情報や様々なプレゼントを配布予定ですので、普段お使いのメールアドレスをご入力ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をタップして、1000人以上が受け取ったオナ禁書籍を読む】



>>詳細が気になる方はこちらをタップ<<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました