オナ禁はトップにならなくていい

自己研鑽

先日、テレビで女子駅伝を見ました。

僕は普段、全くテレビを見ないので、

「へー、駅伝やってるんだ」

程度で視聴していました。

だけど、やっぱり誰かが一生懸命頑張っている姿を見ると応援したくなりますね。
目標に向かって一心不乱に努力している姿勢は凄いと思いました。

 

僕は元々スポーツマンなので、中学と高校では部活に心血を注ぎました。
特に高校では若いエネルギーの全てを使って白球を追いかけました。

「絶対にインターハイに出る!」

という感じで相当な覚悟を決めて青春をスポーツに捧げました。
まあ、結果的に全国大会には出られずに県大会で終わってしまいましたけどね。
良い思い出です。

そういう過去の経験もあるので、駅伝が放送されているのに反応したんだと思います。

 

僕は中学、高校でスポーツを引退しましたが、勝負の世界は過酷です。

「勝つか」

「負けるか」

これで全てが決まってしまいます。

駅伝でも同じですよね。
勝者がいれば敗者が必ず存在します。
1位のチームが沢山の人から称賛されたり表彰されたりマスコミから注目されたりするのに、それ以外のチームは蚊帳の外です。

今回の大会では18チームが参加したそうです。
トップになったチームはすごく目立っていました。
でも、他のチームはあまりスポットライトが当たりませんでした。

2位や3位だって普通に凄いですよ。
1位と2〜3位の差は30秒〜1分だったみたいです。
たった数秒〜数分の違いで扱いがガラッと変わります。
勝負の世界なのでしょうがないですが、残酷だと思いました。

出ている選手は皆、死に物狂いで努力しています。
数秒を縮めるために必死になって頑張っています。
僕もインターハイを目指していた時は全力で練習していたので、アスリートの方々の本気さは尊敬します。
近い経験をしたからこそ、心から応援したくなりました。

 

だけど、

「勝つか」

「負けるか」

で決まってしまうので、トップに立てるかどうかは大事です。

1位になれるかどうかで全てが決まってしまいます。
しかも、頂点に立てるのは1チームだけです。
あとは皆、一番上には上がれません。
表彰台の最も高い所には立てないです。

実力の世界ですが、改めて厳しい場所だと痛感しました。

 

しかし、オナ禁の世界であればトップにならなくていいです。

別に頂点に立たなくても問題ありません。
普通に結果を出せます。
特に関係無いです。

 

何を基準に一番というかは分かりませんが、

「日数」

を一つの指標にしたとしても上には上がいます。

 

僕は初めてオナ禁120日を達成した時に、

「よっしゃー!4ヶ月いったぜ!」

と思いましたが、周囲のオナ禁者には普通に365日がいたので、

「え・・・全然勝てない・・・」

ってなりました。

僕の3倍の日数を平然と続けている人がいたんです。
他にも話を聞くと1年以上継続している人や、数年単位でオナ禁をしている猛者がいてビビりました。
(最も凄かった禁欲者は3年でした)

「上には上がいるんだな・・・」

「僕はまだまだなんだな・・・」

と正直思いましたね。

それと同時に自分がいかに井の中の蛙だったのかを思い知らされました。

 

だけど、その時に冷静になって考えて分かりましたが、大事なのは日数ではなく、

「結果を出せたかどうか」

なんですよね。

オナ禁をなぜ始めたのか?
オナ禁を通してどんな自分になりたいのか?
オナ禁で叶えたい夢とは?
オナ禁をやってどういう理想を実現したいのか?

これが重要です。

オナ禁は自分との戦いなんですよ。

 

たまに継続日数で勝ち、負けを決める人がいたりするんですが、それはあまり良くないと思います。

あくまでも続けた日数は成果を出すための途中経過でしかありません。
過程なんですね。
いくらオナ禁を継続したとしても求める結果を出せていなかったら、何も意味が無いです。
無駄にオナニーをやめているようなものです。

「オナ禁1ヶ月達成!」

となっても、現実が何も変わっていなかったら努力が無駄になってしまいます。

せっかくオナ禁をするなら日数という指標を追いかけてトップになろうとするのではなく、自分の目標達成という基準を満たすために頑張るべきです。

継続日数を目安として頂点を目指すこともありですが、それはあくまでも通過点として考えるようにしましょう。

 

もちろん、だからといって簡単にオナ禁をやめて良いわけではありませんよ。

「数日しかオナ禁してないから、シコっちゃうか」

となって続けないと効果を体感するのが難しくなりますからね。

僕は最低1ヶ月は続けることを推奨しています。
30日継続すれば何かしらの身体・精神の変化が出ます。

効果が出れば、

「オナ禁てもしかして凄い・・・?」

ってなるので、自然にオナ禁を続けるようになります。

オナ禁の凄さに気付けば信じられるようになるので、プラシーボ効果(信じる効果)も合わさってさらに大きな効果が出やすくなります。

そこで効果を体感すれば、もっとオナ禁の凄さに驚くので、どんどんオナ禁にのめり込んで自分や現実を変えられていくという良い流れが出来ますからね。

 

だけど、日数はあくまでも通過点です。
オナ禁を続けてどうなりたいのか?が大事ですよ。

「オナ禁=人生を変えられる手段」

になります。

どこまでいってもオナ禁は方法でしかありません。
どうやって最強の道具を使い自分を進化させて、より良い人生を歩んでいくのか?が重要になります。

 

ゲームでいえば、ステータスがMAXの剣になります。
ガンガン使っていけばボスキャラすら簡単になぎ倒せます。
強い敵を倒せれば弱い敵は容易にブッ潰せるので、ゲームがどんどん進んでいきますね。
何も知らずにステータスが低いこんぼうを使っているライバルとは、次元が違うスピードで攻略していけます。

もちろん、使いこなすにはそれなりの努力が必要です。
性欲は荒れ狂う馬のような存在なので、コントロールするのは簡単ではありません。
適切に管理して上手に活用するには実践や経験が必要です。

でも、頑張って使いこなせるようになれば、ステータスがMAXの剣をゲットしたようなものになります。

周りのオナ猿が最初の村で立ち止まっている間に、あなたはどんどん次の街に進んでいけます。
スムーズにステージをクリア出来るので快適ですね。

最強のアイテムを使用して自分を成長させていき、人生も変えていけます。

だからこそ、オナ禁を知ってる人と知らない人で差が出るのは当たり前です。
オナ禁者とオナ猿の格差が広がるのは必然です。

 

オナ禁はあくまでも人生を良くするための手段です。
自己実現をするための方法でしかありません。

禁欲タイマー等を使いオナ禁仲間と日数を比較してライバル心を燃やし、やる気を上げるのも一つの方法ではありますが、大事なのは自分がどうなりたいのか?ですよ。

 

日数でトップに立とうとしなくても、あなたが素敵な彼女と楽しい毎日を過ごせればそれで良いんですよ。

「オナ禁で自己満足出来る人生を歩もう」

って僕は思いますね。

周囲からどう思われるかや誰かに勝った負けたよりも、自分が幸せを感じる日々を送れればOKです。

 

オナ禁の世界はスポーツの世界と違って頂点を目指す必要はありません。
一番上にならなくても結果が出せます。

オナ禁を通してあなたが心から満足出来る人生を手に入れるのが最も重要なので、日数を気にしすぎて目的を忘れないようにしましょう。

オナ禁は全てのオナ猿に人生を変える権利がある平等な世界です。

1000円のAmazon書籍をプレゼントしています

僕はオナ禁を実践して大好きな彼女が出来たり色んな女性と関係を持ったりして、楽しい人生を手に入れましたが過去は悲惨でした。


ダメな大学生で21歳まで童貞。


キスやデート経験がなく街中で見かけるカップルを羨ましく思いながら、エロ動画でシコシコする情けない毎日を過ごしていました。


そんな僕でもオナ禁を通して、

・オナ禁100日目で女子大生から逆ナンされたり、
・20歳の彼女を作ったり、
・大好きな女性で童貞を卒業出来たり、
・年が10歳以上離れた年上のお姉さんに誘われて色んな経験をさせてもらったり、
・その後は複数の女性と関係を持つのをやめて大好きな人を大切にする日々
・ヘタレだった自分を変えられて自信が持てるようになり、就活では一部上場企業から内定をゲット。
・男、女両方の友達が増えて灰色だった日常が充実したり、

といった楽しい人生になりました。


この経験から僕はあなたがどんなに絶望的な状況にいてもオナ禁を通して自分を変えられるし、


人生を逆転出来る


と確信しています。


そういった信念から僕がどうやってオナ禁に取り組み、人生を変えるまでに何をしてきたのかを一冊の書籍にまとめました。

読んだ多くの方から好評を頂いたので、メルマガの中限定で公開することにしました。

物語形式で書いているので10分ほどですぐに読める内容になっています。

今なら登録するだけで無料で見れますよ。


→電子書籍【オナ禁で彼女と内定を手に入れ人生変えた物語】を読んでみる

メルマガでは面白くて役立つ情報や様々なプレゼントを配布予定ですので、普段お使いのメールアドレスをご入力ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をタップして、大学生オナ禁人生逆転物語を読む】



>>詳細が気になる方はこちらをタップ<<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました