朝7時に自分の限界は分からない

オナ禁マインド・思考

僕は一貫して「オナ禁で人生を変えよう」と、
このブログを読んでいるあなたに伝えています。

「オナ禁で魅力的な男性に生まれ変わり、
素敵な彼女を見つけ人生を素晴らしいものに変える」

これが僕のあなたへの主張です。
理念とも言えますね。

僕自身がオナ禁を通して劇的に変われたので、
その変化や可能性をオナニーの弊害に悩んでいる大学生に伝えたい。
この考えはその想いから生まれました。

 

確かに、「くだらない」と言う人もいるでしょう。

「オナ禁なんかで人生変わるかよ」と笑う人もいると思います。

 

それでもオナニー後の自己嫌悪に苦しむのはきついものがあります。

自己否定が止まらず人生に何一つ希望が持てず、
悩み続けている大学生は世の中に沢山います。

そんな人を見ていると、
過去の自分を思い返すような感覚になるので、
人ごとだと考えられなくなるのです。

 

別に夢が「彼女欲しい」とかでも良いじゃないですか。

モテるイケメンからしたら当たり前でも、
人生かけて戦わないと好きな人と結ばれない人だって、
世の中には存在するのです。

それを「バカげてる」って笑われても、
本人は必死で自分の壁を乗り越えようと頑張ってるんですよ。

 

僕だって大学時代の夢は「彼女を作る」ことでした。

良識のある大人が聞いたら怪訝な顔をするでしょう。
「何を言っているんだ、この若者は?」と。
「学生なんだからもっと他にやることがあるだろ!」と言われた機会もありました。

親からも「異性にうつつを抜かしてないで勉強しろ!」と叱られました。

しかし、僕の夢は「彼女が欲しい」だったんです。
心の底から渇望していたのは好きな人と笑顔で過ごす充実した毎日でした。

こんな夢は笑われるでしょう。
確かに学生の本分は勉学なので、
女性に集中するのは間違っているかもしれません。

ただ自分の夢には素直でいたい。
そう僕は思っていました。

 

しかし、世間を見るとどうやらこの認識は違うようです。

ちょっと古いデータなんですが、
キリンビールが20~50代の男女1000人に、
夢についてアンケートを取った所、
なんと夢を諦めた平均年齢は「24歳」だったそうです。

しかも最も多かった理由が「才能の限界を感じたから」なんです。

 

参考データ

出典元:https://www.itmedia.co.jp/makoto/articles/1301/11/news069.html

 

24歳で才能の限界を感じたから夢を諦めるって・・・・
僕は当時21歳なので、
あと3年でもう諦めなきゃいけなんだと思うと背筋が凍りました。

一度きりの人生なのに最も輝かしい、
20代前半で既に自分を諦めて生きていく。

しかも、才能に限界を感じたからやめていく。

いやいや、なんでそうなるんだ?
才能なんてまだ24歳なんだから分からないだろう?
諦めるの早過ぎだろ!と僕は思うわけです。

 

だって考えてみてください。
24歳ですよ?24歳。

4年生大学を卒業したとしても社会人2年目です。
全然、仕事の面白さも分からないし、
日々の業務に慣れるのに必死な時です。

そこで夢を諦めるんですか?って言いたいです。

 

よく「若者には無限の可能性がある」と聞きますがまさにそうですよ。

若いってものすごい価値があるんです。
特に大学生は典型例ですね。

まず体力があります。
この時点で何かしたかったらすぐに動けます。

おじいちゃん、おばあちゃんになったら、
そもそも病気がちになったりするので、
肉体に限界がきて旅行に行くなり、
外出するのもハードルが高くなります。

持病があったら無理ですね。

それにサラリーマンと比べて時間があります。
「暇だなー」「退屈」といって、
スマホ片手にゲームをやったり、
嫌な授業があったらサボっても正直許されます。

空いた時間に遊んだって良いし、
勉強しても良いし趣味に打ち込んでも良い。

社会人が1日通勤も含めて10時間近くを浪費している中、
それがない大学生はめちゃくちゃ有利です。
時間があればなんでも出来ますからね。

 

それに若ければ知らないことも多いので、
チャレンジがしやすくなります。

人間は「知らなくて良いこと」も世の中にあります。
「知ったから」こそ見えてしまう歪んだ面もこの世界にはあるのです。

特に中年になると自分がどの程度か経験で分かってしまうので、
そもそも「自分には無理」と勝手に決めつけてやらなくなります。

その点、若ければ知らないから行動出来ます。
例え失敗しても年齢で許されたりする。

これが若さの特権なのです。

にも関わらず24歳で夢を諦め、
自分の人生自体にも限界を感じる。

勿体なさすぎですよ!
まだ人生は始まったばかりじゃないですか。

 

また、人の人生が1日と仮定すると、
平均寿命から逆算すると
1時間はだいたい約3歳くらいだそうです。

24歳なら朝8時ですよ。
まだ1日がスタートしたばかりじゃないですか。

大学生で21歳なら朝7時です。
朝ご飯を食べるか1限からなら通学中の電車内じゃないですかね。
午後の授業からなら布団の中で寝てます。

 

こんなまだ人生がスタートしたばかりの朝7時に、
「自分には才能がないから」と夢を諦める。

絶対、おかしいだろ!と思います。

「彼女が欲しい!」と心から願って変わろうとしている大学生に、
「もう諦めろ、お前に才能はない」なんて言う大人がいたらどう思います?

「お前に俺の何が分かるんだ?
俺の苦しみが理解出来るのか?ふざけるな!」と言いたくなります。

というか実際に近い言葉を言われたんですよね、同級生から。

彼女が欲しくて何とか自分を変えようと足掻いていた時、

「は?お前に彼女?出来るわけがないじゃんw」
「無理無理、諦めろ(笑)」
「童貞は一生童貞だよ!」

これ冗談じゃないですよ?
面と向かって言われましたからね。

ショックを通り越して唖然としました。
何なんだこいつは・・・と。

しかもその人彼女いませんからね。
モテないのに自分より格下の人間を見つけて笑う。
性根が腐った悪魔のような奴でした。

この言葉で凄く傷付いたし、
鋭いメスが胸に突き刺さった感じになり自信も喪失しました。

辛かった。本当に辛かった。

何で世界はこんなに自分に優しくないんだ?と、
1人で頭を抱えて悩みました。

相談出来る人もいませんでしたから。

もしも心を許せる親友が1人でもいたら、
僕の人生はこの時変わっていたかもしれません。

 

けど、現状は変わらないので結局オナニーの苦しみに逆戻り。
「死のう」とすら思う機会もありました。

だけど・・・だけど、まだ朝7時じゃないですか。
人生が始まったばかりなのに諦めるなんて僕には出来ない。

周りの大学生はみな、心のどこかで自分の人生を捨てている人ばかりでした。

「俺の人生、こんなもんっしょ」
「彼女欲しいけど、まあ無理だし良いか」
「頑張るとかかっこ悪いし家でシコシコで満足だわ」
「セクシー女優マジ最高!Youtuberもエロくてヤバイな!」

こんな風に自分の人生に限界を感じている大学生しかいなかったんです。

 

「俺の人生、これで終わるのか・・・?」

「モテなくて一生孤独に死んでいくのか・・・?」

「誰からも愛されず好きな人も見つけられず寂しく年老いていくのか・・・?」

 

「彼女が欲しい」

「人生を変えたい」

 

ただそれだけ。

ただそれだけなんです。

 

モテない自分を変えて好きな人と毎日笑顔で生きたい。
自分に自信が欲しい。
変わりたい。

そんな小さな願いですら諦めないといけないのか?

・・・嫌だ!絶対に嫌だ!

まだ朝7時だぞ!
諦めるのは早過ぎる!
今、諦めたら一生彼女がいなくて、
スマホ画面片手にオナニーする人生が待っていると思うと、
諦めるなんて選択肢は生まれませんでした。

「今、諦めたら絶対に後悔する」

脇目も振らず僕は本気でオナ禁に挑戦しました。

どれだけ笑われようが構わない。

「絶対に人生を変える!」

「彼女を作る!」

そう決意してオナ禁を続けた結果、
20歳の彼女が出来て自分に自信が付いて、
人生自体が激変したわけですが・・・

 

この文章を読んでいるあなたの人生もまだ朝7時ですよ?

自分の人生を諦めるのは早過ぎます。

大学生で人生を諦めたら絶対に後悔します。

「あの時、頑張ってたらなあ・・・」

なんて就職してから多くの人は気付くんです。
でももう手遅れです。

就活の時期になりとりあえず入れそうな会社を探し、
就職して毎日何となく職場で働いて、
平日は仕事に忙殺されて家と会社を往復し、
休日は居酒屋で同期と上司の悪口や仕事の愚痴を言い合い、
自宅でオナニーして寝る生活をループするうちに24歳になり、
夢を諦めていくんです。

 

「今から頑張っても遅いしなー」

「仕事忙しいし時間が出来たらで良いでしょ」

 

なんて言うようになってしまいます。

 

あなたにはそうなっては欲しくない。

後悔して生きてもらいたくはないのです。

もし、今諦めそうだとしても絶対に自分の人生を投げ出さないで下さい。

大学生のあなたには無限の可能性があるのです。

「若い」

それだけでチャレンジ出来ます。

まだ朝7時です。
人生は始まったばかりです。

オナニーに逃げて自信がなくてモテない自分を変える。
彼女を作って楽しい毎日を送る。

これだって立派な夢です。

あなたの夢を諦めないで下さい。
朝7時に自分の限界は分からないです。

 

1000円のAmazon書籍をプレゼントしています

僕はオナ禁を実践して大好きな彼女が出来たり色んな女性と関係を持ったりして、楽しい人生を手に入れましたが過去は悲惨でした。


ダメな大学生で21歳まで童貞。


キスやデート経験がなく街中で見かけるカップルを羨ましく思いながら、エロ動画でシコシコする情けない毎日を過ごしていました。


そんな僕でもオナ禁を通して、

・オナ禁100日目で女子大生から逆ナンされたり、
・20歳の彼女を作ったり、
・大好きな女性で童貞を卒業出来たり、
・年が10歳以上離れた年上のお姉さんに誘われて色んな経験をさせてもらったり、
・その後は複数の女性と関係を持つのをやめて大好きな人を大切にする日々
・ヘタレだった自分を変えられて自信が持てるようになり、就活では一部上場企業から内定をゲット。
・男、女両方の友達が増えて灰色だった日常が充実したり、

といった楽しい人生になりました。


この経験から僕はあなたがどんなに絶望的な状況にいてもオナ禁を通して自分を変えられるし、


人生を逆転出来る


と確信しています。


そういった信念から僕がどうやってオナ禁に取り組み、人生を変えるまでに何をしてきたのかを一冊の書籍にまとめました。

読んだ多くの方から好評を頂いたので、メルマガの中限定で公開することにしました。

物語形式で書いているので10分ほどですぐに読める内容になっています。

今なら登録するだけで無料で見れますよ。


→電子書籍【オナ禁で彼女と内定を手に入れ人生変えた物語】を読んでみる

メルマガでは面白くて役立つ情報や様々なプレゼントを配布予定ですので、普段お使いのメールアドレスをご入力ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をタップして、大学生オナ禁人生逆転物語を読む】



>>詳細が気になる方はこちらをタップ<<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました