峨王が挑戦し続けた理由。希望への道があるならただ歩く

漫画から学ぶオナ禁理論

「なんでそんなに頑張るの?」

「努力したって無駄だよ」

「夢を追うとか、かっこ悪い」

高校で部活動に打ち込んでいた時に幾度となく周囲の同級生からこんな言葉を言われました。
当時はスポーツに打ち込み毎日白球を追いかけていました。

「インターハイに出たい」

中学は無名選手でしたが、この想いが僕にはあったので真剣に全国大会出場を目指して努力していました。

 

しかし、何かを頑張っていると一定数否定する輩が必ず出てきます。
僕の場合は同級生でした。

「ぷぷ、なんでそんな頑張っちゃってんの?」

「努力するとかカッコ悪いわあ」

「目標に向かって毎日トレーニングを続けて何の意味があるの?」

ひどい言葉を浴びせられました。

バカにされる。
笑われる。
足を引っ張られる。
邪魔される。

ほんと散々でした。
どこまで努力している人間の邪魔をすれば気が済むんだ?と本気で思いましたね。

まあ、彼らは暇で退屈なんです。
日常がつまらないから目標に向かって成長している人間を攻撃して楽しんでいました。
世の中には誰かを見下すのが生きがいの人種が存在するので仕方ないです。

 

だけど、僕の中ではゴールがあってそこに向かって自分を進化させようとしている状態は楽しかったです。

確かに大変でした。
毎日努力を続けても思うような結果が出なかったり、いくら実力をつけても勝てない相手がいました。
全く歯が立たなくてボコボコにされた時は悔しくて1人で泣きました。
本当に辛かったです。

 

でも、目指している場所に向かって自分を成長させようとするのは正しいです。

「自分の行動は正しいんだ」

そう思い、自らを信じて進んでいる道をひたすら歩くと人はとても変わりますし、違う景色が見えるようになります。
行動している自分を好きになれるので、充実感を得やすいです。
少しずつ新しい世界に近付いている実感があれば、大変でも継続しやすくなります。

絶対に無駄ではないです。
努力が実を結ぶかは分からないですし、未来は明確に見えているわけではありません。
わずかしか見えないかもしれません。

しかし、自分の可能性を信じて光輝ける場所に行けるんだと疑わず、自らを変えるために行動し続けるのはかっこいいですよ。
僕はそう思います。
他人の足を引っ張って邪魔をする人達よりよっぽど価値があります。

そういう人が増えた方が世の中は良くなるでしょう。

 

そんな風に考えて、オナ禁の世界に飛び込みましたが現状は変わりませんでした。

「オナニーをやめたらモテる?んなわけないでしょ」

「え?そんなおかしいことを信じてるの?お前大丈夫?」

「オナ猿が自分を変えられるわけないだろ」

「童貞に彼女が出来るわけがない」

ひどい言われようでした。

「彼らは僕を人間として見ていないのか?」

と感じてしまうほど、汚い言葉を吐き捨てられました。

傷つかなかったと言えば嘘になります。
罵詈雑言を浴びせられたら悲しくなります。

「自分の信じた道は間違っているのか?」

ふとした時に考えてしまいました。

自らが目指している場所は本当に正しいのか?
このまま進み続けて大丈夫なのか?

まだ大きな結果が出ていないと、なかなか信用し辛いですし悩んでしまいます。
明らかな成果が出れば「絶対に大丈夫!」と思えますが、胸を張って人に言えるオナ禁の効果を体感していないと、どうしても信じるのが難しいです。

 

オナ禁は効果に個人差があります。
数字には出来ないですし目に見えないので立証するのが困難です。
どうしても疑いやすくなります。

「本当にこのまま続けて良いのか?」

こんな風に考えてしまい、オナ猿に戻ってしまう人がかなりの数います。
もったいないですね。
せっかく変われるかもしれない道を見つけたのに、自ら可能性を放棄しています。

続ければもっと変化が出て、違う自分になれたかもしれません。
でも、やめてしまえばそこでストップです。
一生、結果は出ません。

スマホとエロ動画とオナニーで人生が終わります。
寂しくて虚しくて孤独を感じる日々が待っています。

 

大事なのは、

「分からなくても続けること」

だと思うんですよ。

未来は明確に見えていないけど、継続した先に少しでも光があるなら進んでいく。

100%確実ではないです。

でも、心の声が「歩くんだ」と言っているのであればそれに従うのが重要です。

 

この前、アイシールド21を読んでいたんですが峨王というキャラがいました。
彼は高校1年生ながら身長が2mあり体重が131kgです。
ベンチプレスを200kgほど上げる力があります。

マウスピースを歯で砕いたり小学生の時点で自動車を破壊したりするおかしい人物です。
アイシールドはアメフトの漫画なんですが、峨王は相手チームの主要選手を負傷退場させます。
「人を破壊」している感じですね。

力でねじ伏せフィールドに戻せなくします。
小手先のテクニックは一切使わずただただ「力」だけで勝っていくタイプです。
こんな選手が現実の世界にいたら誰も勝てないでしょう。
チートキャラです。

ですが、そんな峨王ですら全然勝てない相手がいました。

 

アメリカのアメフト選手、ドナルド・オバーマンです。

出典元:https://www.bokurano-music.com/eye-shield-strongest-ranking#1Mr

 

彼は通称Mr.ドンと呼ばれていてチート中のチートキャラです。
初めて峨王と対峙した場面では片手で峨王をぶっ飛ばしました。
普通におかしいです。

 

実際の試合でも同じです。
いくら峨王がMr.ドンにタックルをかましても勝てません。
全く歯が立たない状態です。

結局、峨王はボコボコにされて日本の指導者に心配されるくらい危険な所まで追い詰められました。

出典元:https://ameblo.jp/niconico2ch/entry-11454376103.html

 

Mr.ドンは呆れています。

出典元:https://ameblo.jp/niconico2ch/entry-11454376103.html

 

「こいつは無能」

「浅はか」

「ダメ男」

なんて言葉が出てきそうな空気です。

 

しかし、峨王は違いました。
Mr.ドンが「言っていること」が分からなかったのです。

出典元:https://ameblo.jp/niconico2ch/entry-11454376103.html

 

彼は何度失敗しようが挑戦をやめません。

指導者に心配され、相手には見下されてもチャレンジをやめませんでした。

「なぜ、明らかに勝てない選手と戦い続けるのか?」

峨王は答えました。

出典元:https://twitter.com/nero_clown/status/1031555728832516097/photo/1

 

この言葉はとても大事です。

 

出来るか?出来ないか?

ではなく、

やれるか?やれないか?

でもなく、

 

ただ歩く。

ただ進む。

ただ登る。

 

あなたが「この道は合っているんじゃないか?」と少しでも感じたら、本心に従い歩き続けるのが重要なんです。

 

峨王はこの姿勢をマルコから学びました。

出典元:https://ameblo.jp/niconico2ch/entry-11454376103.html

 

オナ禁の世界に頂点があるかは分かりません。
何を基準にトップと呼ぶのか?は定かではないです。
日数という一つのラインはありますが目的は違います。

「あなたの夢を叶える」

「理想を実現する」

「頭の中にある妄想や想像を形にする」

これが頂点ではないでしょうか?

人と比べるのではなく、自分が辿り着きたい場所に行く。
それがてっぺんなのだと思います。

 

オナ猿なら必ず持っているはずです。
誰にも言えないけど心の中で描いています。
イメージや空想だとしても変わりはありません。

「こんな風になりたい」

「こんな子と一緒にいたい」

「こんな自分でいたい」

「こんな人生を送りたい」

あなたの心の中に絶対あるはずです。
本当になりたい自分を、既にあなたは知っています。
行動していないからなれていないだけです。

一歩を踏み出せば自分を変えるチャンスは無限に広がっています。

だけど、オナ禁に挑戦しないのは信じられないからです。

「本当に効果があるのか?」

と疑っているからやろうとしません。

確かに気持ちは分かります。
効果が目に見えないので信じずらいです。
その点については否定出来ません。

でも、峨王が言ってるじゃないですか?

 

「頂への道を見つけたなら、険しいのか?己に向いているのか?可能なのか?そんなものは関係ない。ただ登る!」

 

出来るか?出来ないか?
やれるか?やれないか?
効果があるのか?ないのか?

ではなく、

やってみる。

そうしないと人生は変えられないです。

歩いてみないと先に待っているあなたの辿り着きたい場所には行けないですよ?

自分の心の声が少しでも反応するなら、それが正解の可能性が圧倒的に高いです。

直感とは無駄な部分を全て捨てた本能のリアクションです。
いらない思考が削り取られて、あなたが本当に欲しい!これが正しい!と感じた時に出るものです。
最も適切な答えであり邪念が一切ない心の叫びです。

 

オナ禁に少しでもピンときたなら、それはあなたにとって間違っていない選択になります。
心の声が言っています。

「変わるにはこの道を進むしかない」

あなたに本音が訴えかけているんです。

歩く道があるのに、踏み出さないのは自分でブレーキを踏んでいるからです。
アクセルを踏めば一瞬で前に進めます。
簡単です。
しかし、オナ禁を実践しないのは自分で止めてしまっているんです。

違う自分になれるかもしれないのに、可能性を自ら閉じています。
心の声は正しい!と連呼しているのに気付かないフリをしているのです。

 

そうではなく、進んで下さい。
登ってみないと頂点に辿り着けるかは分かりません。
入り口で迷っていたら一生、スタートは切れません。
ゴールには行けないのです。

あなたが迷う気持ちは理解出来ますが、多くのオナ猿が気付かない頂への道を見つけたなら歩かない方がもったいないです。
止まっていたらずっと現状維持です。
変わらない日常が延々と続いきます。

 

あなたが進んでいる道の先に光はありますか?
理想は実現出来ますか?
夢は叶えられますか?

 

自分に問いかけてみて下さい。

 

それに女性からしたって自分が見つけた道を信じて歩いている人の方が好きになりますよ。

「俺なんて一生、オナニーで良いんだよ・・・」

って言ってシコるのが趣味の努力しない男性より、

「俺は必ず違う自分になって目標を達成する!」

そう考えて日々進化しようと努力している男。

どちらと一緒にいたいか?
どっちのオスに魅力を感じるか?

後者に決まっています。

毎日、頑張って自分を高めているからです。

「彼について行ったら私は変われるかしれない」

「私を孤独の呪縛から解放してくれるかもしれない」

「楽しい日常が待っているかもしれない」

と本能で感じて近くにいたいと思います。

 

別に発展途上でも良いんですよ。
これからどうなっていくのかが大事なので、女性があなたと歩んでいく未来を想像してワクワクするなら時間を共有したいと考えます。

つまり、トップを目指している男性は魅力があるということです。

現在、思うような結果が出ていなくても成長途中だろうと、女性が魅力を感じればOKなんです。

「彼と一緒にいたい」

と思って胸のときめきを感じればそれは「恋」です。
2人で新しい世界に向かって歩いていけば良いんです。

そうなるにはあなたが進む必要があります。

希望への道を運よく見つけたら、歩かないといけません。

先に何が見えるのか?は明確ではないです。
不安がないとは言えません。
人は何かを始める時に必ずリスクを考えてしまうので、不安になるのは仕方ないです。

ですが、歩みを止めたらそこでストップです。
進化をやめたら理想には辿り着けません。
登り続けないと山頂には行けないように、夢を叶えるには前に進むしかないんです。

 

迷ったら峨王の言葉を思い出して下さい。

 

「頂への道を見つけたなら、険しいのか?己に向いているのか?可能なのか?そんなものは関係ない。ただ登る!」

 

オナ禁に出会えたのは奇跡的な確率です。
エロやオナニーに支配された監獄から脱獄する方法を知ったのはすごいことです。

それなのに頂点に向けて歩かないのはもったいないですよ。

1000円のAmazon書籍をプレゼントしています

僕はオナ禁を実践して大好きな彼女が出来たり色んな女性と関係を持ったりして、楽しい人生を手に入れましたが過去は悲惨でした。


ダメな大学生で21歳まで童貞。


キスやデート経験がなく街中で見かけるカップルを羨ましく思いながら、エロ動画でシコシコする情けない毎日を過ごしていました。


そんな僕でもオナ禁を通して、

・オナ禁100日目で女子大生から逆ナンされたり、
・20歳の彼女を作ったり、
・大好きな女性で童貞を卒業出来たり、
・年が10歳以上離れた年上のお姉さんに誘われて色んな経験をさせてもらったり、
・その後は複数の女性と関係を持つのをやめて大好きな人を大切にする日々
・ヘタレだった自分を変えられて自信が持てるようになり、就活では一部上場企業から内定をゲット。
・男、女両方の友達が増えて灰色だった日常が充実したり、

といった楽しい人生になりました。


この経験から僕はあなたがどんなに絶望的な状況にいてもオナ禁を通して自分を変えられるし、


人生を逆転出来る


と確信しています。


そういった信念から僕がどうやってオナ禁に取り組み、人生を変えるまでに何をしてきたのかを一冊の書籍にまとめました。

読んだ多くの方から好評を頂いたので、メルマガの中限定で公開することにしました。

物語形式で書いているので10分ほどですぐに読める内容になっています。

今なら登録するだけで無料で見れますよ。


→電子書籍【オナ禁で彼女と内定を手に入れ人生変えた物語】を読んでみる

メルマガでは面白くて役立つ情報や様々なプレゼントを配布予定ですので、普段お使いのメールアドレスをご入力ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をタップして、大学生オナ禁人生逆転物語を読む】



>>詳細が気になる方はこちらをタップ<<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました