「オナニーがやめられない=頑張っている」からだった!?

未分類

僕は元々重度のオナ猿でした。
高校生の時にオナニーと出会ってからは、まるで水を得た魚のようにシコりまくっていました。

毎日最低1回はシコシコして、2~3回は当たり前で多いと5回はしていました。
休日は1日中スマホでオカズを探しながら、何度も抜いていましたね。

今振り返ると本当にもったいないですね・・・

「もしもオナニーを知らなかったら、どんな人生になっていたのか?」

そんなことをふと考えてしまう時がありました。

しかし、オナニーを毎日していたらどんどん自分がダメになっていきました。
自信は無くなるし見た目は冴えなくなるし表情は暗くなるし雰囲気が悪くなるしコミュ力が低下するしと、良いことが何一つありませんでした。
女の子にも当然のようにモテませんでした。
彼女いない歴=年齢=童貞です。
どこに出して恥ずかしくないモテない男でした。

趣味がオナニーとエロ動画鑑賞で女性からは全然相手にされない日々だったので、人生に絶望して自殺を考えるようになりました。

生きている価値が見出せなかったんです。

このままつまらない毎日が永遠に続いていくと思うと目の前が真っ暗になりました。
命を少しずつ失っていくような気がしました。

 

そんな時にオナ禁と出会いました。

「オナ禁?怪しいな・・・」

「でも、僕の人生が地獄なのは、もしかするとオナニーが原因かもしれない・・・」

と思って、シコるのをやめようとしました。

だけど、やっぱり最高に気持ちの良いオナニーを禁止するのは出来ませんでした。
頭では分かっていてもどうしてもシコリ続ける日々から脱却出来なかったんです。

その時は何度も自分を責めましたね。

「またやってしまった・・・」

「僕は自分が決めたことすら守れないのか・・・」

「こんなヘタレだからオナ禁が続かないんだ・・・」

繰り返し自己嫌悪して辛かったです。

自分がオナニーをやめられないのは、意志や気持ちに問題があるんだと感じていました。
耐える力が弱いから継続出来ないんじゃないかと思っていたんですね。

でも、実は違ったんです。

「オナニーがやめられないのは頑張っている」

これが原因だったんです。

頑張るとオナニーはやめられない?

「オナニーがやめられないのは頑張っているからだよ」

って言われてもあなたは良く分からないと思います。

しかし、これは事実です。
間違いではないですよ。

僕がオナニーをやめられなかったのは、メンタルが弱かったり自分を律する力が低かったり努力が足りなかったりしたわけではないです。

実は、

「頑張っている」

からオナニーがやめられなかったんです。

頑張っているからこそ、逆にオナ禁が続けられなかったんですね。

「オナニーをやめるには強い意志が必要じゃないの?」

「オナ禁を継続するには頑張らないといけないでしょ?」

「シコるのをやめられないのは自分に甘いからじゃないの?」

とあなたは思うかもしれません。

だけど、実は違っていました。

頑張ることがオナニーをやめられない原因だったんです。
ずっと頑張り続ける限りオナ禁は継続出来ないです。

 

なぜかというと、

「オナニーは依存症」

だからですね。

世の中には色んな依存症がありますが、それとオナニーも一緒だったんです。
依存症が自分の強い気持ちでいくらやめようと思ってもやめられないのと同じように、どれだけメンタルで耐えようとしてもシコるのはやめられないです。

オナニーは依存症だった!?

「オナニーが依存症だった・・・」

なんてことを突然言われたらあなたは驚くと思います。

普通に生活をしていたら、依存症なんて言葉を聞く機会はほとんど無いですからね。
ちょっと怖い言葉にも思えてしまいます。

でも、これは嘘でも何でもなくて実際にそうなんですよ。

オナニーは明らかに依存症です。

どういうことかというと、オナニーをするとあなたの脳から、

「ドーパミン」

という快楽物質が出されます。

これが中枢神経という所に反応すると、人間は気持ち良くなります。

詳しい話をすると難しい専門用語が出てくるので省きますが、要するに、

「オナニーをすると、頭から物質が出てそれが神経に反応して気持ち良くなる」

ってことを覚えておいて下さい。

このドーパミンを出す行為は色々あるんですが、その一つにオナニーがあるってことです。

 

それで問題はここからです。

ドーパミンはあまりにも沢山出過ぎると神経が弱体化してくるんですね。
大量にドーパミンが出ることによって、徐々に神経自体が弱ってきます。

その結果どうなるのかというと、

「強い刺激じゃないと気持ち良くなくなる」

っていう状態になってしまいます。

つまり、オナニーをしまくってドーパミンをガンガン出すと神経が弱くなるので、簡単には気持ち良くなれなくなるんですね。
普通にシコるだけだと気持ち良くなりにくいので、もっと強い刺激を自然に求めてしまうようになります。

例えば、オナニーを覚えた最初の頃は妄想や想像で抜いていたのに、漫画のパンチラで興奮するようになったり街中で生身の女性を見てムラムラしたり、エロ画像やエロ動画でハアハアするようになったり、ASMRやSMや自分の性癖を満たすものを探すようになったりと、どんどん刺激が強い過激なものを見ないと満足出来なくなっていくんです。

僕もこういう経験があるので納得は出来ますね。
シコり始めた時はイメージで抜いていたのに、グラビア雑誌→エロ画像→エロ動画→性癖に特化した動画、という風にステップアップしていきました。

これもオナニーのしすぎてドーパミンを大量に出したのが原因でした。
脳が刺激に慣れたので、もっと強い刺激を与えないと満たされなくなってしまったんです。

 

そして、もっとまずいのが、

「刺激があるのが普通の状態」

になってしまうことです。

普段からシコリまくっていると、抜いているのが当たり前になります。
そうなると、常に脳に刺激がある状況になるので逆に刺激が無いと落ち着かなくなります。

「早く刺激をくれ!」

「もっと気持ち良くなりたい!」

「オナニーをしろ!」

という感じで、頭、体、心が快楽に支配されて無意識でシコるようになってしまいます。

もっと過激なものを見るようになり性的に興奮してオナニーをするので、やればやるほどハマっていきます。

もう自分ではコントロール出来ません。
しようと思っていなくても自然にエロいものを探してシコってしまう状態です。
まるで底無し沼に沈んで出られなくなっているようなものです。

 

だからこそ、

「オナニーは他の依存症と同じ」

って言われるんです。

中毒になる流れが、色々な依存症と全く同じなんですね。

例えば、お酒、タバコ、ギャンブル、エッチ、SNS、甘いもの、覚醒剤等です。
全部オナニーと全く同じ流れでハマっていきやめられなくなっていきます。

「オナニーは他の依存症と一緒」

「シコるのにハマってしまうと中毒になる」

そうやって、あなたの身も心も支配してしまうのがオナニーです。

実は人生を破壊するかもしれない恐ろしい力を持っています。

依存症は頑張っても勝てない

「オナニーは依存症」

ということが分かったと思いますが、中毒の問題点はハマると抜け出せなくなること以上に、

「簡単にはやめられない」

のが最大の難点です。

どう頑張っても勝てないです。
いくらやめようと思って必死になってもなかなかやめられません。
自分で分かっていてもやってしまうから、いつまで経ってもオナ禁が継続出来ません。

さっき少し話しましたが、依存症の原因はドーパミンという快楽物質とそれが出ることで中枢神経が反応して気持ち良くなってしまうからです。

この脳や体の構造に対して、意志の力や気持ちで勝とうとしても勝てるわけがないです。
どれだけ戦いを挑んでもあっけなく負けてしまいます。
人間が持って生まれた脳の働きに精神力で勝つのは無理に等しいです。

そもそも頭は僕らを動かす役割を担っています。
指示を出している場所です。
司令塔になっているので、そこに対して簡単には勝てません。
いくら頑張ってもその努力は無駄になってしまいます。

 

では、もう諦めるしかないのか?
オナニーは依存症だからずっと負け続けるのか?
死ぬまで中毒から抜け出せずにシコる生活で人生が終わるのか?

ってことに対して、まだ諦める必要はありません。
対策はありますよ。
メンタルで耐えられないなら、環境や工夫で立ち向かう戦略があります。

オナニーをやめる方法

「オナニーは依存症だから、どれだけ意志の力や気持ちで戦っても勝てない」

「どう頑張っても負けてしまう」

のを理解した上で、

「頑張らなくてもオナニーがやめられる環境作りや工夫をする」

ってことをやるようにしましょう。

強制的にシコれない環境を作ったり、自分で抜けなくなる工夫を普段からするんです。
そうすれば、精神力やメンタルの強さとは関係無くてそもそもオナニーが出来なくなるので、オナ禁が続けられるようになります。
自然にシコれなくするってことです。

 

例えば、オナ禁に失敗してしまう理由はある程度パターン化されています。

ほとんどの流れは、

1・スマホでエロいものを見る
2・ムラムラする
3・我慢出来なくなりオカズを探してシコる

というのがオナニーをしてしまう99%の原因です。

それか、

1・ムラムラする
2・我慢出来なくなる
3・スマホでオカズを探してシコる

という流れになります。

オナ禁に失敗する理由はどちらかになります。
エロとムラムラがオナニーをしてしまう最大の元凶ですね。

この2つを頑張って耐えるのはとても難しいです。
意志の力でシコるのをやめようとすると、エロいものを見るのを我慢するか、ムラムラしても気持ちで何とかするしかありません。

しかし、もう遅いです。
エロとムラムラはすでにあなたの身も心も侵食しています。
脳が気持ち良さを求めてドーパミンを出しているので、どれだけ頑張って我慢しようとしてもダメです。
メンタルで耐え切るのは無理ですね。

 

では、どんな対策を取れば良いのかというと、そもそもエロを見れなくすれば良いです。
エロという存在をあなたの視界に入れないようにしましょう。

例えば、一番簡単なのは、

「セーフサーチをオンにする」

ことですね。

これをやるとスマホでエロいものを検索しても出てこなくなります。

元々は親がネットの有害な情報から子供を守るために作られたものです。
ネットには子供達にとってあまり良くない情報もあるので、それを見れなくするための設定です。
このシステムをエロを見れなくするために上手に活用するようにしましょう。

やり方はグーグル等で、

「検索設定 変え方」

とかで調べれば簡単に分かります。

早ければ3分くらいで設定出来るので、今すぐやってみても良いと思います。
これがかなりエロを見れなくするための最強の方法ですね。

さっきも言ったように、検索設定が変わるとエロいものがどれだけ調べても出てこなくなります。
いくら検索してもスマホでエロいものが出てこなくなるので、エロを見ることが無くなります。
それによってムラムラすることも無くなりますし、仮にムラムラしてもオカズを見つけられないので、自然にオナニーをしなくなります。

つまり、勝手にオナ禁が続けられるということです。

 

他にもシコるのをやめられる工夫や環境作りは沢山あります。

例えば、
・お気に入りを消す
・スクリーンタイムを使う
・自宅ではスマホの電源を切る
・自分の部屋にスマホを置かない
・出来るだけ予定を入れて外出する

等ですね。

今回紹介した検索設定もすぐに出来て効果のある方法なので、オススメですね。
早速、試してみると良いですよ。

あと、こちらの記事で他の対策についてまとめてあるので参考にして下さい。

【オナ猿必見!】オナ禁が続かない3つの理由と取るべき対策

 

もう一度言いますが、大事なのは、

「頑張らなくてもオナニーがやめられる環境作りや工夫をする」

ことです。

環境を変えたり工夫をしたりするのが重要ですよ。

 

僕も過去にオナ猿の時はシコるのがやめられなくてすごく悩みました。

「僕はどれだけ頑張ってもオナニーがやめられないんだ・・・」

「意志が弱いヘタレなんだ・・・」

「自分の決めたことを守れないダメ男なんだ・・・」

という感じで何度も自分を責めました。

だけど、それは間違いでした。
オナニーは依存症なんですよ。
中毒なので、気持ちや精神力は関係無いです。

しっかりと、

「頑張らなくても良い環境作りや工夫をする」

のが重要なんです。

意志の力に頼らずともオナ禁が続くようにする必要があります。

そうやって、きちんと環境を変えて工夫をしていけば自然にオナニーがやめられます。
オナ禁が継続出来るので、オナ猿だった頃の異常な自分から正常な自分に戻っていき魅力や能力が底上げされて、女性にモテるだけではなく人生もどんどん良くなっていきます。

「オナニーをやめるためには環境作りや工夫が必要」

ってことを覚えてもらって実際に対策をするようにして下さい。

環境作りや工夫をして人生を変える

それとこの、

「頑張るのではなく、環境を変えたり工夫をしたりする」

というのはオナ禁以外の分野でも応用出来る方法です。

例えば、僕は過去にランニングが続かなくて悩んでいた時期がありました。

その時は、

「今日こそ絶対にランニングして痩せてやる!」

という感じで自分の気持ちに頼って、ランニングを続けようとしていました。

だけど、結局色々言い訳をして継続出来ませんでした。
サボるたびに自分を責めていました。

でも、これも環境作りや工夫すれば何も問題無く続けられたんですよ。

具体的には、

「ランニングをしないとお風呂に入れない」

というルールを自分の中で決めました。

お風呂に入れないのは結構きついです。
だから、どれだけ面倒でもランニングをするようになって、毎日継続したら習慣になったので、当たり前のように走れるようになりました。

 

他にも筋トレであれば、ジムに入ってしまうのもありですね。
ジムにお金を払って入会したのに行かないのはもったいないと思うようになるので、自然にジムで体を鍛えるようになります。

さらに言えば、学校やバイトに行く時に運動着を持っていって、

「ジムに行ってから必ず家に帰る」

というルールを作れば、もっと楽に継続出来るようになります。

こんな風に行動さぜるおえない状況を作るのが大事です。
やらざるおえない環境に身を置いたり継続しなければいけない工夫をすれば、あとは勝手にやるようになるのでどんどん成長して人生も変えていけます。

恋愛でも勉強でもバイトでも就活でも他の色んな分野でも使える方法なので、ぜひ活かしていって下さい。

 

関連記事
ちなみにランニングと筋トレはオナ禁の効果を高めるのでオススメです。

オナ禁中にランニングをするメリットとは?効果が倍増する?

オナ禁中は筋トレすると良い?どんな効果がある?

1000円のAmazon書籍を無料プレゼントしています

僕はオナ禁を実践して、大好きな彼女が出来たり色んな女性と関係を持ったりして楽しい人生を手に入れましたが、過去は悲惨でした。

ヘタレな大学生で21歳まで童貞。

キスやデート経験がなくて、街中で見かけるカップルを羨ましく思いながら、エロ動画でシコシコする情けない毎日を過ごしていました。


そんな僕でもオナ禁を120日続けたら、

・女子大生から逆ナンされる。
・清楚系の女性から食事に誘われる。
・ギャルやモデル、アパレル店員や某テーマパークキャストと遊ぶ。
・就活中にリクスー女子30~50人とデートする。
・カフェで年上OLをナンパする。
・20歳の彼女が出来て童貞を卒業する。
・自信が付いてガンガン行動するようになり、就活で一部上場企業から内定をゲットする。
・男、女両方の友達が増えて灰色だった日常が充実する。

といった楽しい人生になりました。


この経験から僕はあなたがどんなに絶望的な状況でも、オナ禁を通して自分を変えられるし、

人生を逆転出来る

と確信しています。


そういった信念から、僕がオナ禁を120日続けて学んだ「正しいオナ禁法」を一冊の書籍にまとめました。

この書籍を読めば、どうやってオナ禁に取り組むと人生を変えられるのかが分かります。

読んだ多くの方から好評を頂いたので、メルマガ登録してくれた人限定で公開することにしました。

10分ほどで、すぐに読める内容になっています。

今なら登録するだけで無料で見れますよ。

→電子書籍【オナ禁で人生を変える教科書】を読んでみる

メルマガでは面白くて役立つ情報や様々なプレゼントを配布予定ですので、普段お使いのメールアドレスをご入力ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をタップして、1000人以上が受け取ったオナ禁書籍を読む】



>>詳細が気になる方はこちらをタップ<<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました