「オナ禁=オナニーをただやめれば良い」と考えて大失敗した話

オナ禁マインド・思考

「オナ禁=オナニーをやめるだけでOK」

って僕は思っている時期がありました。

しかし、この考え方は間違っていた事実にオナ禁をするようになってから気付きました。

「もっと早く気付いておけば良かった・・・」

と正直思いましたね。

ちょっとした違いなんですが大事な考え方なので、あなたに僕と同じ失敗をして欲しくないから、その時に学んだことを話していこうと思います。

僕の失敗談から重要な思考法を知ってもらって、オナ禁をする時に役立てて下さい。

オナニーが趣味だった日々

僕がオナニーに目覚めたのは高校3年生の夏頃でした。

それまでは部活動をバリバリやっていたんですが、引退後に暇になったある日シコることを知ってしまいました。

それからはオナニーの虜でした。
あまりにも気持ち良かったので、水を得た魚のように抜きまくりました。

1日に最低1回。
平均すると2~3回。
多いと5回。
学校の無い休日は1日中オカズを探してエロ動画を見ながらシコシコしていました。

この時はオナニーをするのが普通の生活だったので、シコるのが悪いことだなんて全然知りませんでした。
10代の健康な男児が自分で抜くのは当たり前だと考えていました。

僕の中では、

「オナニー=趣味」

という感覚だったので、シコらない方がおかしいと思っていました。

だから、オナ禁の存在なんてこれっぽっちも知りませんでしたね。
そんな言葉がこの世にあるなんて想像出来ませんでした。

 

しかし、性欲の赴くままにひたすら右手を上下運動する生活をしていたら、少しずつ現実世界がおかしくなっていったんです。

まず朝起きるのが辛くなりました。
体が鉛のように重たくなってベッドから出るのが大変でした。
朝からぼーっとして無気力になり、気怠い感じがして何もする気が起きませんでした。

表情は暗くて自信にも自信が無くて人と話す時もオドオドするようになりました。
人と関わるのが苦手になったので、クラスメイトと話そうとしなくなり1人寂しく過ごす時間が増えました。

だけど、オナニーを知ってから性にも目覚めたので、異性に対して興味津々でした。
話したくて仕方なかったです。
一緒に登下校をしてみたかったです。

でも、それは全て妄想でした。
本当は女の子と接したかったしデートをしたかったし彼女を作ってみたかったんですが、声を掛ける勇気も行動力も自信も無いのでリアルの世界では何も出来ませんでした。

 

出来ることといえば、バーチャルな世界に逃げることです。
ひたすらエロ動画を見ながらモテないストレスをオナニーで発散するしかなかったです。

「女子と話したいな・・・」

「女の子とデートしたいな・・・」

「彼女欲しいな・・・」

と頭の中で考えながら、シコって現実逃避をしていました。

オナ禁すると人生が変わる!?

高校を卒業後、大学に進学しましたが相変わらず日常は灰色でダメダメな状態でした。

そんなオナニーライフを絶賛満喫中のある日、たまたまオナ禁の存在を知りました。

授業の合間に何となくネットサーフィンをしていたら、

「オナニーをやめるとすごい効果がある!」

「電車に乗ると女性が寄ってくる!」

「スーパーサイヤ人になれる!」

「女性からモテモテになる!」

「オナ禁すると人生が激変する!」

といった情報を見つけてしまったのです。

「いや、怪しいだろ・・・」

「胡散臭いな・・・」

「これ本当?」

って感じで最初は全然信じませんでした。

しかし、疑いつつも内心は、

「オナ禁したらヘタレな自分を変えられるのかな・・・」

「女性にモテて彼女が出来るのかな・・・」

「人生が楽しくなって充実した毎日を送れるのかな・・・」

という淡い期待を抱きました。

だから、半信半疑でしたが実践してみることにしたんです。

 

ここまでは良かったんですよ。
分からないなりにも行動しましたからね。

まずかったのは、

「オナ禁のやり方」

だったんです。

どういうことかというと、

「とりあえずオナ禁すればなんか変わるだろう」

「オナ禁するだけでモテるだろう」

「オナ禁さえしてれば人生が変わるだろう」

って考えてしまったんです。

今振り返るとこの時点で大失敗をしていましたね・・・

オナ禁日数は増えるが・・・

「とりあえずオナ禁してれば人生が変わるだろう」

と間違って解釈をした僕でしたが、オナ禁をスタートしたら何度かミスをしつつも少しずつ続けられるようになっていきました。
継続すると効果が出てきて、朝の目覚めがスムーズになったり抜け毛が減ったり肌が綺麗になったり髪質が柔らかくなったりといった変化がありました。

オナ禁して結果が出始めたで、

「このままオナ禁をしていけば、本当に人生が変わるかもしれない!」

と感じたので、そのままオナ禁を継続していったんですね。

だけど、僕の淡い期待は粉々に砕かれました。
いくらオナ禁を続けても現実世界はほとんど変わらなかったんです。

気付いたら継続日数が100日を越えていました。

普通であれば、

「よっしゃ!オナ禁100日達成したぞ!」

って喜ぶはずなんですが、僕はというと、

「あれ?何も変わってないぞ・・・」

という風に自分が思い描いた現実を生きれてはいなかったんです。

 

僕が必死になって頑張ってオナ禁を続けて得たものは、

「オナ禁を100日間続けた」

ことだけでした。

日数が増加しただけだったんです。

もしかしてオナ禁には効果が無い?

この経験を通して僕はこう思うようになりました。

「もしかしてオナ禁には効果が無い?」

もちろん、ちょっとした変化はありました。
目に見える身体的な効果はあったんです。

でも、人生を変えるほどのインパクトのある出来事があったのかというと何もありませんでした。
相変わらず女性にはモテなくて童貞でしたからね。
彼女いない歴=年齢を更新していました。

しかし、僕は勘違いをしていたんです。
オナ禁に効果が無いのではなくて、オナ禁のやり方や考え方が間違っていたんです。

オナ禁はきちんと正しい方法を学んで実践していけば、本当に人生を変えるほどの力があります。
オナ猿を別人にするほどの強大なパワーがあります。
だからこそ、僕は今でもオナ禁を継続していますし、ブログやメルマガやYouTube等を使って情報発信をしています。

 

だけど、なぜ僕がオナ禁をしたのに人生が変わらなかったのかというと明確な理由がありました。

それは何かというと、

「オナ禁=手段である、ということを知らなかった」

これが原因でした。

オナ禁は目的ではなく道具だったんです。

高い参考書を買えば偏差値が上がるのか?

「オナ禁=手段である」

とはどういうことなのかというと、

「オナ禁を使ってどうやって自分の人生を変えていくのか?」

が大事だってことです。

つまり、オナ禁は人生を良くするための道具なんです。

オナ禁をするのが目的ではなく、道具として上手に活用して自分の人生を最高にしていくのが重要です。

 

例えば、受験勉強をする時に参考書を買うとしましょう。

その時に、

「高い参考書を買えば偏差値が上がるのか?」

って言われると決してそうではないですよね。

確かに高い参考書の方が、有名な人が作ったり細かい解説があったりして偏差値が上がりやすいかもしれません。

でも、大事なのはどう使うかです。
いくら高額な参考書を持っていても勉強しなかったら偏差値は上がらないです。

もしかすると安い参考書でも有効活用すれば、偏差値がグングン上がるかもしれないです。

オナ禁もこの例と同じなんですね。
確かにオナ禁には秘めた可能性があります。
きちんと学んで実践していけば、あなたの人生を変えるほどの力があります。
それくらいすごい行為です。

しかし、オナ禁のパワーを100%発揮するには、

「必ず行動する」

のが大前提になります。

 

当たり前ですが、オナ禁した「だけ」で現実を変えるのは難しいです。
オナ禁+行動が絶対に必要です。

「オナ禁=オナニーをただやめれば良い」

というのは間違った考え方です。

「オナ禁はシコるのをやめるだけでOK」

ではないんですね。

あくまでもオナ禁をするのは前提で、そこからどうやって行動を積み重ねていき人生を変えていくのかが大事なんです。

僕はこの重要な部分に気付いていませんでした。
だからこそ、オナ禁「しか」しなかったので頑張って大変な思いをしたにも関わらず、人生が変わらなかったんですね。

人生を変えるためには「行動」が必要

「人生を変えるために必要なこととは?」

って言われたら当たり前ですが、

「行動する」

になるんですよね。

あなたも散々言われてきたかもしれません。
使い古された言葉ですよね。

だけど、やっぱり行動するのは大事なんですよ。
どんなに良い考えや新しい発見や周りがビックリするようなアイデアがあっても行動しなかったら、意味が無いです。
行動するからこそ結果が出て人生が変えられます。
行動せずに人生を激変させるのは無理です。

どれだけオナ禁を一生懸命やっても、家でゲームをしていたら現実に変化は無いです。
逆にオナ猿でも出会いの場に参加して女性と関わりまくっていたら、いずれモテるようになると思います。

 

僕はこの部分を分かっていなかったので、

「とりあえずオナ禁さえしてれば、人生が良くなるでしょ」

って考えて行動していませんでした。

だから、人生も変わらなかったんです。

ずっと家に引きこもって誰かに会うわけでもなく、何となく毎日を送りながらオナ禁「だけ」やったりしていました。

でも、当然ですが女性と会わないとモテるようにはなりません。
バイトをしないとお金はもらえないですし、勉強しないと偏差値は上がりません。
ランニングしないと痩せないですし、筋トレしないと筋肉は付かないです。

今振り返ると普通のことです。

しかし、当時は気付いていませんでした。

「オナ禁に夢を見すぎていた」

のかもしれません。

幻想に取り憑かれてオナ禁に期待しすぎていました。

だから、オナ禁しかしていなかった時期は時間や労力やエネルギーや若さを無駄にしていました。
もったいなかったですね。

だけど、そこから人生を変えるために必要なことが行動だと気付けて良かったです。

 

確かにオナ禁には夢があります。
あなたを別人に変えて人生も激変するだけの強大な力を持っています。

でも、忘れてはいけないのは人生を変えるための絶対条件は、

「行動する」

ことです。

自ら動かないでオナ禁「だけ」しても、夢は叶えられないです。
ずっと実現しない理想を持ち続けることになってしまいます。
あなたの頭の中にある妄想や想像をリアルの世界で形にすることは未来永劫不可能です。

「人生を変えるには、オナ禁+行動が絶対に必要」

なのは必ず覚えておきましょう。

 

PS.
こういう話をすると人によっては、

「行動すればオナ禁しなくても良いですか?」

と感じるかもしれません。

そういう人でも基本的にはオナ禁するのがオススメです。

さっきも言いましたが、

「オナ禁=手段」

です。

人生を良くするための道具なんですよ。
しかもめちゃくちゃ優秀な道具ですね。
上手く活用しないのは本当にもったいないです。

優れた手段を使えないと、例えば東京から北海道に行く時に徒歩で行くのか、飛行機で行くのか、という違いがあるくらいの差が出てしまいます。

だから、行動は大事ですがオナ禁した方が圧倒的に大きな結果を出せるので、必ずオナニーはやめるようにしましょう。

1000円のAmazon書籍をプレゼントしています

僕はオナ禁を実践して大好きな彼女が出来たり色んな女性と関係を持ったりして、楽しい人生を手に入れましたが過去は悲惨でした。


ダメな大学生で21歳まで童貞。


キスやデート経験がなく街中で見かけるカップルを羨ましく思いながら、エロ動画でシコシコする情けない毎日を過ごしていました。


そんな僕でもオナ禁を通して、

・オナ禁100日目で女子大生から逆ナンされたり、
・20歳の彼女を作ったり、
・大好きな女性で童貞を卒業出来たり、
・年が10歳以上離れた年上のお姉さんに誘われて色んな経験をさせてもらったり、
・その後は複数の女性と関係を持つのをやめて大好きな人を大切にする日々
・ヘタレだった自分を変えられて自信が持てるようになり、就活では一部上場企業から内定をゲット。
・男、女両方の友達が増えて灰色だった日常が充実したり、

といった楽しい人生になりました。


この経験から僕はあなたがどんなに絶望的な状況にいてもオナ禁を通して自分を変えられるし、


人生を逆転出来る


と確信しています。


そういった信念から僕がどうやってオナ禁に取り組み、人生を変えるまでに何をしてきたのかを一冊の書籍にまとめました。

読んだ多くの方から好評を頂いたので、メルマガの中限定で公開することにしました。

物語形式で書いているので10分ほどですぐに読める内容になっています。

今なら登録するだけで無料で見れますよ。


→電子書籍【オナ禁で彼女と内定を手に入れ人生変えた物語】を読んでみる

メルマガでは面白くて役立つ情報や様々なプレゼントを配布予定ですので、普段お使いのメールアドレスをご入力ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をタップして、大学生オナ禁人生逆転物語を読む】



>>詳細が気になる方はこちらをタップ<<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました