短期的な快楽より長期的な快楽を優先しよう

オナ禁マインド・思考

僕のエロ談義友達にG君という男性がいます。
プロフィールの「Mちゃんとの運命的な出会い」に出てきた人です。

一応リンク貼っておきますね。

プロフィールはこちら。

 

彼は普段からエロに翻弄されまくっていて、
エロ動画を見ながらのオナニーは日常茶飯事。

好きなセクシー女優をちょこちょこ変えて、
イベントにも足を運ぶほどファン度合いが高いです。

会うたびに最近お気に入りのセクシー女優について力説するので、
「またかー・・・」と内心思っていました。

エロに対する情熱が凄まじく、
普段は温厚なんですが一度エロスイッチが入ると変貌する危険人物です。
(僕も彼の影響でMちゃんとの1度目のデートで大失敗しました)

これだけエロに力を注いでいるので、
エロレーダーも敏感で街中で巨乳の女性が入れば、
すぐにターゲットを見つけオカズにし、
駅やビル内のトイレでシコシコするほど性欲が強いです。

別に本人がオナニーしまくりたいなら僕もオナ禁を勧めたりはしません。

「セクシー女優最高!」と彼は日々叫びまくっていたので、
そんな人に「オナ禁すれば?」と言ってもやらないですし、
迷惑になるのでわざわざアドバイスする必要はないです。

ただ、彼が本当の意味で毎日充実しているか?と言われるとそうでもないわけでして・・・

 

笑顔の裏にはどこか影を潜めていました。
「セクシー女優はやっぱ良いよ!」と言いつつも、
近くにいるカップルをチラチラ見ているし、
本心では「あっち側に行きたいんだろうな」と感じさせられる機会も多かったです。

「本当は彼も彼女とラブラブしたいし、
オナニーじゃなくてエッチしてみたいんだろうな」

少なくとも僕はそう感じていました。

彼は童貞なので女性経験はありません。
だから、憧れがあったんだと思います。
女の子との性行為に。

しかし、G君が好きな人とわちゃわちゃ出来る未来は一生やってきません。
相変わらず毎日セクシー女優でシコっていますからね。
お気に入りの女優さんのSNSは細かくチェックし、コメントやリツィートは当たり前。
商品やイベントの告知があればすぐに予約し当日を楽しみにする。
このループをルーティンのように繰り返しているので、
モテる努力も出会いを作ろうともしていません。

逆に彼を横目に僕はオナ禁をして内面を磨き、
笑われたり失敗を経験したりして傷つきながらも自己研鑽を続け、
女性に実際に会って会話をして心を掴んだ結果、
素敵な女性で童貞を卒業し楽しい毎日を手に入れました。

 

彼と僕で何が違ったのか?

 

色々理由はありますが、
一つ挙げるとしたら、「短期的な快楽と長期的な快楽。どちらを優先したか?」があります。

 

短期的な快楽とは簡単に手に入る欲求です。
要するにオナニーですね。
スマホ片手にお気に入りの女優さんでシコシコする。
自宅や駅やビルのトイレ等、場所とスマホと手さえあれば出来ます。
超容易ですよね。
今からやろうと思えば出来ます。

好きな女優さんのSNSチェックや商品の購入、イベント参加もそうです。
モテる努力をしなくて済むので楽です。
時間やお金があれば出来ます。
そして、実際に会ったらより良いエロ動画や商品が手に入るので、
ますます女性に好かれる努力はしなくなります。

すぐに欲求が満たされるので短いスパンで満足感を得てしまいます。

以前、「男性にモテない!」と嘆いていた50代の女性がいたんですが、
よくよく話を聞いてみるとモテる努力を全くしていませんでした。
服装は適当。体型は太り気味。面白い経験もせず毎日何となくバイトしているだけです。
お金が入ったら酒を飲み、愚痴を言ってモテないストレスを発散し、
自宅に帰ればスマホ片手に女性用のエロ動画でオナニーする。
(女性は年齢を重ねると性欲が強くなる傾向があります)

たまに美容院に行って髪型を変えるくらいで、
男性がいる場所に足を運ぼうとしない。

これではどう頑張ってもモテません。

長期的な目で見た時にモテるための努力をしていませんからね。

髪型をちょっと変えたくらいで多くの男性に言い寄られるなら、
この世の女性はみんなモテモテです。
そうならないから女性は綺麗になろうと毎日頑張っているんです。

 

長期的な快楽は長い目で見て得られる快楽です。
例えば彼女を作るとかです。
女性に振り向いてもらうために、
内面を磨いたりトークの勉強をしたり、
出会いを作るために女性がいる場所に行ったりと、
なかなかに手間や労力がかかります。
それでいてすぐに結果は出ません。

経験談としても言えますが、長期的な快楽を取りにいく方が大変です。

一定の努力は必要ですし我慢する部分も出てきます。
オナ禁をしているとなおさら、性欲と上手く付き合う必要があるので労力がいります。

成果が出ないと辛くなりますし、努力しているのに報われない機会も出てきます。
僕も何回心が折れそうになったことか。

モテない自分を素直に認めて行動しても、女性に厳しい言葉を投げかけられる場合もあります。

しかし、リターンは短期的な快楽とは比べ物にならないくらい大きいです。

 

さて、あなたはどうでしょうか?
長期的な快楽を追えていますか?

日々短期的な快楽ばかり満たしていると、
長い目で見て本当に欲しいものがゲット出来ませんよ。

確かに短いスパンで考えれば、スマホ片手にオナニーしている方が気持ち良いです。
それは否定しません。
ただ、本当に手に入れたいのは彼女とのラブラブな生活ではないでしょうか?

好きな人と甘く切ない時間を過ごしたい。
街中にいるカップルのようにベタなデートをしたい。
恋人繋ぎをしながら歩いてみたい。

本心で欲しいと思ったものがあなたが本当に手に入れたいものです。
それは大抵、長期的な快楽の場合が多いですし、
一定の努力が必要になるものの可能性が高いです。

 

楽とは言い換えれば努力が必要ありません。
簡単なので人間は楽な方に逃げがちです。
宝くじが良い例ですね。
働きたくない、でもお金は欲しい、だから、宝くじを買って一攫千金を夢見るのです。

しかし、どのくらいの確率で当たるかを調べると、
地味に働いた方が良いのでは?と思ってしまいます。
これはロングスパンで物事を見ているからです。

ショートスパンで見れば1日8時間働くより、
宝くじを買った方が良いでしょう。

でも、長い目で見ればほとんど当たる確率のない宝くじにお金を使うより、労働してお金を得てそのお金でどう自分の欲求を満たすのか?を考えた方が適切です。

あなたも普段から自分が短期的な快楽ばかり追いかけていないか、見直してみて下さい。

 

「彼女欲しいなあ」

「モテたいなあ」

「もっと楽しい毎日を送りたいなあ」

 

と言いつつ学校行ってバイトしてたまに飲み会に行き、
オナニーする生活だと一生その欲求は満たされません。

欲しいものがあるなら、それを手に入れるために行動する。
車を運転出来るようになりたいのに教習所に通わず、
「免許欲しいなあ」と呟いていても一生取れないのと同じです。

そして、あなたが心から手に入れたいものは、
長期的な快楽の可能性が圧倒的に高いです。

ネットとスマホの発達により日本人はどんどん短期的な快楽に目を向けるようになったので、長期的な快楽を得るために今から行動するだけでもまだまだ勝てますよ。

 

PS.

目先の快楽を追い続けるとどうなるのか?
1つの事例ですが紹介しておきます。

エロに洗脳されオナ猿のままおじさんになったBさんの末路

 

1000円のAmazon書籍をプレゼントしています

僕はオナ禁を実践して大好きな彼女が出来たり色んな女性と関係を持ったりして、楽しい人生を手に入れましたが過去は悲惨でした。


ダメな大学生で21歳まで童貞。


キスやデート経験がなく街中で見かけるカップルを羨ましく思いながら、エロ動画でシコシコする情けない毎日を過ごしていました。


そんな僕でもオナ禁を通して、

・オナ禁100日目で女子大生から逆ナンされたり、
・20歳の彼女を作ったり、
・大好きな女性で童貞を卒業出来たり、
・年が10歳以上離れた年上のお姉さんに誘われて色んな経験をさせてもらったり、
・その後は複数の女性と関係を持つのをやめて大好きな人を大切にする日々
・ヘタレだった自分を変えられて自信が持てるようになり、就活では一部上場企業から内定をゲット。
・男、女両方の友達が増えて灰色だった日常が充実したり、

といった楽しい人生になりました。


この経験から僕はあなたがどんなに絶望的な状況にいてもオナ禁を通して自分を変えられるし、


人生を逆転出来る


と確信しています。


そういった信念から僕がどうやってオナ禁に取り組み、人生を変えるまでに何をしてきたのかを一冊の書籍にまとめました。

読んだ多くの方から好評を頂いたので、メルマガの中限定で公開することにしました。

物語形式で書いているので10分ほどですぐに読める内容になっています。

今なら登録するだけで無料で見れますよ。


→電子書籍【オナ禁で彼女と内定を手に入れ人生変えた物語】を読んでみる

メルマガでは面白くて役立つ情報や様々なプレゼントを配布予定ですので、普段お使いのメールアドレスをご入力ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をタップして、大学生オナ禁人生逆転物語を読む】



>>詳細が気になる方はこちらをタップ<<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました