オナ禁で彼女が出来て得られたものとオナニーからの脱却。

オナ禁効果

こんにちは、山下です。

 

僕はオナ禁する前はかなりのオナ猿で、1日2~3回シコるのは当たり前。
多い時は5~6回シコる重度のオナ猿でした。

しかしそこからオナ禁をして人生が激変しました。

ほんと、自分でもビックリするくらい変わりました。
信じられないくらいです。

 

けど、オナ禁と聞くとどうしても、

「怪しい」

「胡散臭い」

「嘘だ」

「本当に効果あるの?」

とあなたは感じると思います。

 

そこで、今回の記事ではオナ猿からオナ禁して人生が変わった僕が何を得たのか?エロやオナニーに支配されるといかに危険なのか?を中心に、書いていこうと思います。

エロとオナニーに支配された大学時代

オナ禁で得たエネルギー駆使し、彼女が出来たり色んな物事にチャレンジした結果、「自信」が持てるようになりました。

 

しかし、僕は元々自分に自信がない男でした。

 

一番自信がなかったのは大学時代です。
18歳でオナニーを覚えてすぐにオナ猿化し、10代の有り余る性欲を自分で放出し続けました。

その状態で何とか大学には進学。
夢のキャンパスライフを描くも大学デビューに失敗。
ここからさらにオナニー依存症になっていきます。

 

自分で出すようになると自己嫌悪を感じる機会が増えます。

「俺何やってるんだろう・・・」

「どうせ俺なんて女性に相手にされない」

「あーあ、またやっちゃった」

勝手に決めつけて自分を責めるようになるので、自分を信じられなくなってきます。

すると、行動出来なくなります。
自信がないからです。

何かしないと暇になります。
その結果、行き着くのはオナニーです。

 

退屈だったり時間が余ると、男性は特に性的な欲求に行きがちです。

あなたもそうじゃないですか?

何となくスマホを見てたらエロ動画を視聴していて、興奮しちゃったからパンツに手を突っ込み気付いたら抜いていた。

これは大学生ならあるあるだと思います。

僕もこのパターンにハマりオナニー中毒になりました。

 

やめられなくなると四六時中エロい妄想ばかりするようになります。

 

大学の授業中も、

「この後、どのエロ動画で抜こうかな・・・」

と考えたりします。

移動している時も目の前に女子が歩いていたら、目線はお尻や足、背中等に必ずいきます。
オカズにするため覚えておき、後でオナニーします。

 

通学中も魅力的な女性がいるとついつい目で追ってしまいます。

「おお、良い体してるなあ」

「あの尻、たまらない」

「巨乳すごいな、揉みたい」

などと、すぐに性的な妄想をして息子をギンギンにします。
我慢出来ない時は駅や学校のトイレで抜きます。

 

もうほんと、エロとオナニーに日常を支配されている状態です。
頭の中はスケベな妄想ばかり。
女性を人ではなく性の対象としか見れません。
典型的なモテないオナ猿大学生です。

 

それだけならまだしも僕の場合は童貞です。
女性経験が一切ありません。
キスもデートも当然エッチもありません。
異性が未知の生物だと思っていました。

そんな相手に戦いを挑もうにも、自信がないので声が掛けられません。

 

しかも、童貞を同級生に笑われました。
当時、寮に住んでいたんですが、男同士の集団生活。
やはり話題は女性関係になります。

皆それなりに経験を積んでいる中、童貞が子羊のように紛れ込むと、そりゃあバカにされます。
死にたくなるくらい見下されました。
プライドは粉々。
心には大量のメスが刺さって取れない状態。
コンプレックスを笑われたので絶望しました。

そのストレスをオナニーと過食に逃げる。
見た目と内面、ダブルでダメになっていくパターンに陥りました。

みるみるうちに体重が増え気付けばブタになりました。
オナニーで自信を無くしているのに、太るとさらに外見でも自信を喪失します。

二重でメンタルをやられました。

そんな状態なので、自信なんて持てるはずがありません。
毎日悩みまくって死ぬことを一時期考えるほどでした。

 

ただ、その状況下からでもオナ禁をしたことで変われました。

身体と精神、どちらも変わって少しずつですが自信がつきました。
そこで得た自信をもとにまた行動する。
失敗もするけど、再度チャレンジし結果を出す。
この繰り返しで自信を強固なものにし、彼女が出来たり揺るがない自信が手に入りました。

オナ猿がオナ禁する意味

僕はオナ禁をする最大の意味は2つあると思っています。

 

1つ目は、

「自信をつける」

です。

 

最初に解説したように僕は自信がありませんでした。
自信がないと何が問題になるかというと、「行動が出来なくなる」んですよ。

 

何かしようにも、

「俺なんてさ、何やってもダメなんだよ・・・」

「どうせやっても無駄だよ・・・」

「女子から相手にされるがわけないよ・・・」

「自分を好きになってくれる女性はいないよ・・・」

って感じで行動する前に勝手に自分で決めつけて、可能性に蓋をしてしまいます。
声を掛けたり女性と接していないにも関わらずです。
チャレンジが出来なくなります。

 

これはもったいなさすぎます。
何でもそうですがやってみないことには始まりません。
どんな物事も同じですよね。

バイトだって受けてみないと分からないし、車の免許だって乗ってみないと乗れるかは分からない。
就活だって選考を受けてみないと入社出来るかは分かりません。

なのに、やる前から「無理だ」と決めてやらない。
この状態では何も出来ません。
彼女だって作れません。
女性と出会っていないんですから。

 

しかし、ここから動き出そうとしても自信がないので行動出来ないです。

自信は何かしら行動しないと身に付きません。

流れとしては、

 

行動する

結果が出る

「あ、俺って出来るんだ」と思える

自信がつく

行動する

結果が出る

自信がつく

エンドレス

 

このパターンで自信は作られていきます。
しかし、オナニーを繰り返す生活をしていると自信は一向につきません。
むしろ自己嫌悪でどんどん自分を信じられなくなります。

だから、オナ禁を駆使して継続する過程で自信をつけるべきだと思うのです。

 

2つ目は「性欲のコントロール」です。

 

オナ禁の本質は突き詰めると、

「性欲のコントロール」

です。

 

あなたが持っている性欲をいかに管理するか?

ここがポイントになります。

 

人間の3大欲求は食欲、性欲、睡眠欲です。
とりわけこの中で最も強い欲求は性欲です。
(男性が特にそうです)

10代~20代の性欲の強さは異常です。
僕も経験がありますが、何度も射精出来ます。
人によっては「絶倫」の人もいます。
性犯罪のニュース等を見ても、世の中、性に関して上手くコントロール出来なくて人生を破滅させる男性が後を絶ちません。

そのくらい性欲は男性にとってものすごいエネルギーになるのです。
なら、このパワーを自分の人生をより良い方向に向かわせるために使うべきでは?と思うのです。
どうせ使うなら悪い方ではなく、楽しくなる方に使う。
男性なら誰でも納得するでしょう。

 

ですが、ほとんどの男性はオナ禁を知らないので、性欲を毎日オナニーで垂れ流しにしています。

これはもったいないです、本当に。

女性関係だけではなく、仕事やバイト、趣味、運動、自己研鑽、友達との関係、夢、仲間等、性欲の力は多種多様な分野で発揮出来ます。

この力を使えばあなたが今後やりたいことが出来た時に、オナ禁で得た性欲のエネルギーを上手に使って求める結果を出すことが出来ます。

 

でも、オナニーばかりだとそれは出来ません。
諦めるしかないです。

だったら今のうちからオナ禁を通して、あなたの性欲をコントロールするスキルを身に付けておいた方が良いと思いませんか?
僕はその方が良いと思うのです。
特にあなたのような大学生ならなおさらです。

 

僕の言っている話は短期的な目線ではないです。
長期的な視点で物事を見ています。

 

あなたが大学生だとして、今後少なくとも数十年は性欲がある可能性が高いです。
男性の性欲の強さは人によりますが20~21歳くらいなら30年以上はあるだろうと予想出来ます。
その状況で今、オナ禁で性欲を管理出来るようになったら30年間近く性に関する悩みがなくなります。

しかも、その力で人生自体を楽しめるようになります。
逆に知らないと一生悩み続けます。
死ぬまでです。
もしかすると、50年以上性欲に振り回される人生かもしれません。

 

さて、どちらの人生が良いでしょうか?
ほとんどの大学生は「オナ禁をする」方を選ぶと思います。

一生、オナニーして自信を喪失し続ける人生より、オナ禁を覚えてエネルギーをフル活用し、大好きな彼女がいて自分に自信があって人生が最高に楽しい。

この方が良いと思うんですよ、僕は。

 

あなたが今、オナ禁を適切に学んで体得すれば、その技術は一生使えます。
一過性のものではありません。
死ぬまで使えるスキルが手に入ります。
それがオナ禁を駆使して性欲をコントロールする方法です。

是非とも、長い目で見てオナ禁の正しいやり方をマスターして欲しいですね。

 

「自信」と「性欲のコントロール」

 

この2点から僕は大学生はオナ禁をするべきだと、あなたに提案します。

ネット×リアルで加速するエロのマインドコントロール

またオナ禁を勧める理由は他にもあります。

 

それはエロの世界の洗脳がものすごい勢いで進んでいることです。

今やネットの力は強大です。
ただの個人でもYoutubeやTwitter等のSNSを使って、自分を世の中に知ってもらえます。

 

YouTuberが典型例ですよね。
10年くらい前はYouTuberといえば「変な動画を上げている若い兄ちゃん」程度の認識でした。
今ほど認知されてませんし、芸能人も全然注目していませんでした。
知っている人も少なかったです。

しかし、現在はどうでしょう。

YouTuberが小学生のなりたい職業ランキングNo.1になったり、テレビに出るのが普通になったり、人によってはテレビで専用のコーナーを持つ人もいます。
もはや芸能人と大差ないです。
ちょっとテレビに出ているタレントさんより登録者100万人越えのYouTuberの方が、遥かに影響力を持っています。

有名なYoutuberになれば外を普通に歩けないレベルですし、子供達の間でヒーローになっている人だっています。

 

このくらい個人の力が強まっている。
見方を変えれば若い女の子やスタイルの良いお姉さんが、簡単にエロの発信が出来てしまうんです。
しかも今までただの一般人だった女性がです。

 

YouTuber、インスタグラマー、TikTokr、セクシー女優、グラビアアイドル・・・

 

色んな所でスケベな女性達はあなたを誘惑します。

「ねえ・・・私を見て」

「私で抜いて」

「私に時間を使って」

「私にお金を落として」

言葉では言いません。
しかし、やっていることは自分の性を「お金」と交換しているのです。

彼女達はそれが仕事です。
自分の美を駆使して、あなたの性欲発散のお手伝いをしてお金を頂く。
別に普通の仕事だと思います。

ただ、その人達に支配されると抜け出せなくなります。
人間は楽な方に行きたがるので一度、ぬるま湯に浸かると出られなくなります。
一生、ネットにいるエロい女性陣を見ながらオナニーする人生が待っています。

実際、著名なセクシー女優のツィッターのフォロワーは180万人、有名なグラビアアイドルのインスタグラムのフォロワーは400万人近くいます。
これだけの男性が今か今かとエロい投稿を待っているのです。

明らかにエロに支配されています。
危険な状況です。
奈落の底に落っこちたら這い上がるのは容易ではありません。

 

それに今の子供達や若者は生まれた時からスマホがあり、ネットに触れられます。

小さな時からネットで簡単にエロが見れます。
そうすると、オナニーを早い段階で覚える可能性が高くなり、ネットで性欲を発散するのに慣れてしまいます。

こうなったら、抜け出るのは難しいです。
楽な方を覚えてしまいましたからね。

 

現実の世界で女性に声を掛けたり自分を磨く方が大変ですし、面倒臭いです。

人間は努力を嫌う生き物です。
楽をしたいんです。
じゃあ、「スマホ見ながらシコって終わりで良いや」となるわけです。

しかもそれを幼少期から知っている。
かなりヤバい状況です。
オナ猿が量産されていくのが目に見えています。

 

また、ネットだけでなくリアルの世界でもエロのマインドコンロールは加速しています。

日本だけでなく世界全体で温暖化が急速に進んでいます。
これは数十年前と比べれば一目瞭然でしょう。

今であれば考えられませんが、昔は車にクーラーがありませんでした。
あなたは大学生なので車の免許を取りに行ったり、出かける時に車に乗ると思うんですが、クーラーが備え付けられていない車はまず無いです。
標準装備が当たり前です。

夏場にクーラーをつけない状態で車内に長時間いたら死にます。
ニュースでも子供を車内に残して帰ってきたら、熱中症で死んでいたという報道がされるくらいです。

そのくらい地球全体で暑くなっている。

となると女性の服装も薄着になります。
露出が増えるわけです。

 

スラっとした腕や美味しそうな太もも。
服の上からでも分かる豊満なバスト。
触りたくなる美脚等。

 

ありとあらゆる場所で魅力的な女性達が、自分の体を使いあなたを誘惑します。
通学やちょっと出掛けただけでもムラムラする機会に見まわれるのです。

しかも温暖化が進むと冬の寒い季節も暖かくなったり、秋や春の時期が減って温度の高い時期が続く可能性だってあります。

それは薄着の女性が外を出歩く期間が長くなるのに繋がります。
あなたを誘惑する女子がいる時間が増えます。
ムラムラしてオナニーしてしまう可能性が高くなりますね。

温暖化は止めようがないので、近い未来、四季が無くなる可能性だってあります。

暑いか寒いかだけになると、秋や春が無くなるのでその期間温度が高いと当然露出が増えます。
あなたに対するエロの誘惑が増加する結果となるのです。

 

他にも風俗で発散する方法があります。
風俗は年間5兆円使われるほどお金が動いています。
それだけお金で性欲発散している人がいるのが分かります。

お金で女性を買うのはオナニーと一緒です。
自分で抜くか、女性に抜いてもらうかの違いに過ぎません。
どちらも手軽なので楽です。

一度覚えてしまうと抜け出すのは難しくなるでしょう。

「お金があれば女とやれる」

甘い果実の味を知ってしまったらもう後戻りは出来ません。
現実世界にいる女性に努力しなくなります。
だって「金」で解決しますからね。

確かに大学生で風俗に行きまくる人は少ないと思います。
しかし今は色んなお店が出来ていますし、ある程度安い値段で手軽にエッチしたり、抜いてもらうことが可能です。

数万円ほどで自宅に呼べます。
しかもスマホ1台で予約可能で、家から一歩も出ずに女性をデリバリー出来ます。
そんな楽を覚えてしまったらモテる努力をしなくなるでしょう。
ここにも大きな危険がひそんでいるのです。

 

これから確実に言えるのは、

「モテる人間」

「モテない人間」

の格差が追いつけないレベルで広がっていくことです。

 

モテる人間はどんどんモテていきますが、モテない人間は救いようがないレベルでモテなくなっていきます。

これはネットやリアルの世界、風俗等を見ていれば、分かりますし止めようがないです。

どうせそうなるんだったら、モテる側の人間でいたい。

僕はそう思いますしあなたもそう感じるでしょう。

だから、今からオナ禁をしておいて自分に自信をつけつつ性欲をコントロールするスキルを磨き、来るべき未来に備えておくべきだと僕はあなたに訴えています。

確実にこの流れは止めようがないので、モテる側でいられるよう今からオナ禁しておきましょう。

冗談抜きでモテない側になったら、一生エロ動画見ながらオナニーで終わる人生が待っていますからね。
大学生の時は良いかもしれませんが、おじさんになってから地獄を見ますよ。

 

あと、オナ禁をする上で読者さんから人気のあった記事をまとめてました。

特に反響の大きかった記事をまとめています。

このまとめをまずは読んでもらって、その上で他の記事を読み、オナ禁に関する情報をどんどん知っていって下さい。

読者さんに人気のあった記事まとめ

1000円のAmazon書籍をプレゼントしています

僕はオナ禁を実践して大好きな彼女が出来たり色んな女性と関係を持ったりして、楽しい人生を手に入れましたが過去は悲惨でした。


ダメな大学生で21歳まで童貞。


キスやデート経験がなく街中で見かけるカップルを羨ましく思いながら、エロ動画でシコシコする情けない毎日を過ごしていました。


そんな僕でもオナ禁を通して、

・オナ禁100日目で女子大生から逆ナンされたり、
・20歳の彼女を作ったり、
・大好きな女性で童貞を卒業出来たり、
・年が10歳以上離れた年上のお姉さんに誘われて色んな経験をさせてもらったり、
・その後は複数の女性と関係を持つのをやめて大好きな人を大切にする日々
・ヘタレだった自分を変えられて自信が持てるようになり、就活では一部上場企業から内定をゲット。
・男、女両方の友達が増えて灰色だった日常が充実したり、

といった楽しい人生になりました。


この経験から僕はあなたがどんなに絶望的な状況にいてもオナ禁を通して自分を変えられるし、


人生を逆転出来る


と確信しています。


そういった信念から僕がどうやってオナ禁に取り組み、人生を変えるまでに何をしてきたのかを一冊の書籍にまとめました。

読んだ多くの方から好評を頂いたので、メルマガの中限定で公開することにしました。

物語形式で書いているので10分ほどですぐに読める内容になっています。

今なら登録するだけで無料で見れますよ。


→電子書籍【オナ禁で彼女と内定を手に入れ人生変えた物語】を読んでみる

メルマガでは面白くて役立つ情報や様々なプレゼントを配布予定ですので、普段お使いのメールアドレスをご入力ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をタップして、大学生オナ禁人生逆転物語を読む】



>>詳細が気になる方はこちらをタップ<<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました