読者さんから熱い感想をもらいました。本気になって人生を変えよう

オナ禁実践者の声

メルマガ登録してくれた方限定で電子書籍をプレゼントしているんですが、読者さん(Tさん)から熱い感想をもらいました。

かなり長文ですが情熱的な文章だったので、このブログを読んでいるあなたにも紹介しておきます。

 

電子書籍読ませて頂きました。

500ページにも及ぶページ数で5章に渡る濃密さ、ページ数が多く感じたため非常に驚いたのですがあっという間に読み進めていました。

ありがとうございます。

序章、1~5章までの項目等、どれも非常に具体性のあるもので、参考になったのですが、なんだかんだ序章が1番心に響くものがありました。
序章に記述のあった「オ◯ニーで人生が壊れた」「自信がなくなり人の目を見て話せなくなった」「昔はあんなに明るかった自分が今は別人だった」という旨の内容でした。

私は過去に色々あって最近、人生が嫌になってきていた節がありました。

そこでなにか打開策はないかと1人自室で寂しくネットサーフィンをしていたら、「オナ禁」というワードを発見しました。
元々この単語は知っていましたが、うさんくさい、怪しいなどと思っていたため実行する気はありませんでした。

しかし自分の現在の惨状を考えるとやるという選択肢しかありませんでした。
藁にもすがる思いです。

そこでオナ禁を10日、なにも考えずにやりました。
効果は複数実感できました。
もっともっとやりたいと感じました。

ですが、翌日にはリセットしてしまいました。
悔しかったです。

ここで自分はなにがいけないんだろうかと思い、再びネットサーフィンをしたら山下さんのブログ、YouTubeにいきつき、いくつかの記事動画、そして電子書籍の存在を知り、「一か八か見てみるか…!」と思い、早速メルマガ登録をし、書籍をダウンロードしました。

そして内容の濃さ、具体性に驚き、意志の力だけでやろうとしていた危険性を把握することができ、非常に助かりました。

今日からオナ禁を本格的にやってみます。

本当にありがとうございます!
長文失礼致しました。

 

いかがでしたか?
とても長文だったので驚いた方もいるかもしれません。
僕も感想を見た時に良い意味でビックリしました。

「おお・・・すごい文章がきたな」

って思いました(苦笑)

しかし、読んでみるとすごく熱い想いが書かれていたので嬉しかったですね。

 

電子書籍を作った側としても今回のように長文で感想をもらえるとありがたいです。

「読み手がどう思ったのか?」

「読んでどんなことを考えたのか?」

「学びになったのか?」

「何が勉強になったのか?

といったことが気になるんですよね。

そういう意味でも熱い文章を送って頂けたのは良かったです。
Tさんありがとうございました。

 

今回、Tさんの感想を記事にしようと思ったのは、

「本気で人生を変えようとする姿勢」

が文章から伝わってきたからです。

プライベートな部分は削除してあるので感想には書かれていませんが、Tさんは過去に色々と辛い経験をしたようです。
あまり人には言いたくないような災難や不幸にもあったようです。
そこからまた色々あって人生が嫌になった時にオナ禁を発見し、すぐに実践してオナ禁の効果を体感しました。
10日目でリセットしましたが、その後に僕のブログやYouTube、メルマガ、電子書籍の存在を知り正しいオナ禁を実践するようになったみたいです。

この文章を書くにあたってTさんとはメールのやり取りをしましたが、リセット後にオナ禁1週間を達成していました。
身体的な変化を体感したみたいなので、今後もオナ禁のさらなる効果を信じてやっていこうという感じでした。

Tさんからは自分の人生を本気で変えようとする熱意をひしひしと感じました。

怪しいと思っていたオナ禁をスタートしたのは、

「何とかしないとヤバイ」

と感じたからだと思います。

そうじゃないと人は行動しません。
危機感が無いから人間はやらないんです。

Tさんは自分の中でこのままだとまずいと感じた部分があったのでしょう。
だからこそ、本気になってオナ禁をやったんです。

こうやってすぐにオナ禁を実践するのはすごいことです。

 

自分がオナ禁に興味があったりやり始めると忘れてしまいますが、

「オナ禁は怪しい」

のが前提です。

知らない人の方が多いですし、知ってもやらない人がほとんどです。

「胡散臭い」

「効果なんてないでしょ」

「無駄だよ」

なんて言葉が平然と飛んでくる世界です。

僕も言われましたが、オナ禁をやっているだけで変な目で見られたりします。
それだけまだまだ非常識な行為なんです。
多くの男性から認められていません。

「オナニーをする」

「エロ動画を見ながらシコる」

が世間一般の男性の常識です。

つまり、オナ禁をしている時点で周囲とは全然違う特別な人間なんですね。

こういう状況でTさんは怪しいと思いつつも勇気を出して行動しました。
不安があったり信じられない部分はあったでしょう。

「本当に効果があるのか?」

疑問に感じたと思います。

でも、それを乗り越えてオナ禁を始めたのはすごいことです。
その行動力はめちゃくちゃ素晴らしいですよ。
ほとんどの男性が出来ない、人生を変えるための一歩を踏み出したんです。

 

なぜ出来たのかというと、自分を本気で変えようとしたからです。

怪しいと思っている世界に飛び込むのは勇気が必要です。
異世界に入るのは誰だって怖いです。
出来れば現状を維持したいのが本音です。
変わらずに今のままでいる方が楽です。

しかし、自分の人生を変えるには変化するしかないです。
行動をしないと変われません。
オナ猿のままだったら永遠に変わらない日常が続いてしまいます。

Tさんが不安がありながらも勇気を出して行動した姿は称賛に値しますね。

 

「オナ禁をしている」

それだけでも十分選ばれた人間です。
ほとんどの男性が出来ない行為をやっています。
少数の人間にしかやれない行動をしている時点でレアキャラです。
普通にすごいですよ。

 

オナ禁について情報を発信していると、良い連絡だけではなく悪い連絡もきたりします。
批判や中傷ですね。
怪しい情報を出しているから仕方ないと割り切ってはいますが、そういう人を見たりするのでいかにやらない人が多いのか分かってしまいます。

人によってはやらないのに笑ってきたりします。
別に笑うのは構いませんが、せめて行動してから笑って欲しいのが本音です。
バイトをした経験が無いのに、一生懸命バイトをしている人をバカにしているのと一緒です。

「いやいや、働いてから言ってよ」

とバイトしている側は思うでしょう。

それと同じなんですね。

オナ禁を否定する人はほとんどやっていない場合が多いです。
もちろん、論理的に効果が無いと言ってくる人はいるのでそれはそれで良いと思います。
世の中には色んな情報があるので、自分が信じたいものを信じるのが正しいです。
どんな物事にも表と裏があります。
メリット、デメリットが存在するのはオナ禁だって同じですからね。

でも、やってみてから言って欲しいです。
何となくバカにして笑ってくるので、どう返事をすれば良いのか迷ってしまいます。

 

彼らから、

「本気さ」

「必死さ」

「人生を変えようとする姿勢」

「熱意」

は全然伝わってきません。

努力している人間を笑うことで、楽しんでいる印象を受けます。

そういう人を沢山見てきたからこそ、Tさんのように真剣に自分と向き合い今を変えようとしている人を応援しようと僕は思うんです。

 

世の中で真剣に自分と向き合っている人は少ないです。
何となく流されて生きている人ばかりです。
僕が大学生の時もそうだったんですが、周囲にいるのは妥協しまくっている同級生ばかりでした。

モテたいけどオナニーに逃げていたり、彼女はいるけど適当な女性と付き合って不満足な毎日を過ごしていたり、もっと人生を充実させたいけど、自信が無いから行動しなかったりして本気の人はいませんでした。

「自分と真剣に向き合う」

「人生を本気で生きる」

そんな人種は残念ながら存在しませんでした。

願望や理想はあるけど、つまらなくて暇で退屈で何となく生きている人ばかりだったんです。

だけど、そんな人生嫌じゃないですか。
僕も変わりたかったからオナ禁の世界に飛び込んだんです。
入ってみたら全然本気の人がいなかったので彼女いない歴=年齢=童貞でも正しい方法を学んで適切な努力を一定期間続けたら、今までとは全く違う世界にいけました。

20歳の素敵な彼女が出来て、童貞を最高の女性で卒業して、向上心のある男友達や恋愛について語れる女友達と遊べるようになって、色んな女性と深い関係になれて、就活ではリクスー女子と関われたり内定をもらえたりしました。

ほんと人生が変わったって感じです。

 

こんな風に変化出来たのは、

「本気」

になったからだと思います。

オナ禁を本気でやる人はまずいないです。
さっき話したようにそもそも知っている男性が少なくて知ってもやらない人がほとんどです。

やっているだけで評価されます。
その中で本気で実践出来れば、いずれ大きな結果が出せるのは必然なのかもしれません。

Tさんが本気でオナ禁をやっているのは正しいです。
その本気さは女性の心を揺さぶりますし、僕も熱い想いに動かされました。

必死になるとか本気になるとか人生を変えるために頑張るとかっていうことは、カッコ悪いと思う人もいるかもしれません。

人間は楽をしたい生き物なので基本的に努力を避ける傾向があります。
出来れば楽をして成果を上げたいのが本音です。

しかし、何もせずに結果は出ません。
オナ猿の人生が変わらないのは行動しないからです。
オナニーで現実逃避をしているから変わるわけがないんです。

確かにオナ禁を頑張るのは変な行為かもしれません。
だけど、Tさんのように一生懸命取り組んでいる人もいるんですよ。
自分の人生を変えるために本気で生きている人の存在を知って欲しいですね。

 

この文章を読んでいるあなたもTさんの本気度合いを見習って下さい。
怪しいと感じつつもすぐにやってみた行動力や、自分の足りない部分を自ら見つけようとする主体性や、熱い想いで自分の人生を真剣に変えようと前に進む本気さ等、学べる部分が沢山あります。

Tさんも僕もあなたも同じ人間です。
環境や年齢や才能や経験は違いますが、男性である事実に変わりはないです。
だから、あなただってやれば出来るはずです。
必ず変われるはずです。

ラッキーなことにオナ禁の世界なら才能なんて関係ないです。
持って生まれたものではなく、後天的な努力でどうにでもなります。
きちんとやれば逆転が容易です。

むしろ、やる人が少ないから今からやる人の方が有利かもしれません。
スマホがあるので昔よりも簡単にオナ禁の情報が手に入りますからね。
色んな人がオナ禁について情報を発信しているので、知らないことを知るのが簡単になりました。
分からなくても調べれば大抵のことは解決出来ます。

にも関わらずやらないのはもったいないですよ。
今の時代はやったもんがちです。
行動した人間が勝つんです。
Tさんのようにガンガン前に進む人が圧倒的に夢を叶えられる可能性が高いです。

あなたは奇跡的な確率でオナ禁の存在を知れたので、とても運が良いですよ。

Tさんの本気さを見習ってあなたも本気になって下さい。
オナ猿化している男性は能力値が高い人が多いので、本気になれば人生を変えられますよ。

 

関連記事
今回の内容について追加で伝えたいことがあったので書きました。
オナ禁を通して進化しようと努力しているだけでも女性にモテやすくなりますよ。

進化しようとしているオナ禁者が女性を惹きつける理由

 

PS.
ちなみに書籍の感想は必ず目を通していますよ。
色んな人から感想をもらえるので読むのが楽しいです。

もしあなたがまだ送っていないなら、ぜひ送って下さい。

感想提出者限定のプレゼントを用意しているのでお待ちしています。

 

PPS.
あと、書籍をもらっていない人はこの機会にゲットしておいて下さい。
オナ禁についての情報がまとめてあるので、基本的な知識が読むだけでかなり身に付きますよ。
知らないと損をする内容も書いてあります。

今ならメルマガに登録すれば無料でもらえるので早めに手に入れて下さい。

オナ禁書籍を読んでみる

1000円のAmazon書籍をプレゼントしています

僕はオナ禁を実践して大好きな彼女が出来たり色んな女性と関係を持ったりして、楽しい人生を手に入れましたが過去は悲惨でした。


ダメな大学生で21歳まで童貞。


キスやデート経験がなく街中で見かけるカップルを羨ましく思いながら、エロ動画でシコシコする情けない毎日を過ごしていました。


そんな僕でもオナ禁を通して、

・オナ禁100日目で女子大生から逆ナンされたり、
・20歳の彼女を作ったり、
・大好きな女性で童貞を卒業出来たり、
・年が10歳以上離れた年上のお姉さんに誘われて色んな経験をさせてもらったり、
・その後は複数の女性と関係を持つのをやめて大好きな人を大切にする日々
・ヘタレだった自分を変えられて自信が持てるようになり、就活では一部上場企業から内定をゲット。
・男、女両方の友達が増えて灰色だった日常が充実したり、

といった楽しい人生になりました。


この経験から僕はあなたがどんなに絶望的な状況にいてもオナ禁を通して自分を変えられるし、


人生を逆転出来る


と確信しています。


そういった信念から僕がどうやってオナ禁に取り組み、人生を変えるまでに何をしてきたのかを一冊の書籍にまとめました。

読んだ多くの方から好評を頂いたので、メルマガの中限定で公開することにしました。

物語形式で書いているので10分ほどですぐに読める内容になっています。

今なら登録するだけで無料で見れますよ。


→電子書籍【オナ禁で彼女と内定を手に入れ人生変えた物語】を読んでみる

メルマガでは面白くて役立つ情報や様々なプレゼントを配布予定ですので、普段お使いのメールアドレスをご入力ください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をタップして、大学生オナ禁人生逆転物語を読む】



>>詳細が気になる方はこちらをタップ<<
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

タイトルとURLをコピーしました